2016年03月23日

ヘイトフル・エイト 〜裏地の黄色が目に染みる

クエンティン・タランティーノ監督の新作「ヘイトフル・エイト」を見てきたました。

ヘイトフル・エイト
→公式サイト 映画「ヘイトフル・エイト」

とりあえず何がびっくりしたって168分もあったってことで
面白かったんだけど、終わったときにはさすがに足腰に来てる感じではございました。

タランティーノの作品って、「なんとなく全体として好き」っていうところがありまして。
あのぶっちぎりでかっこいい映像と音楽がまずあり、
うっぷんとかなんとか色々溜まってるのを耐えに耐えていたら
血まみれカタルシスがあって、憎たらしいやつが派手に死ぬ、
みたいな様式美として完成形という気するので細かいことはいいんです。
いいんですけど、それでもあえてわざわざというと、
タランティーノっぽさと密室劇のスタイルは
そんなに合わないかもしれないなあ、という気は少ししました。

ヘイトフル・エイト
↑主に憎悪にまみれているのは8人だけど、このほかにもまだ御者とか、結構たくさん出てくる。

とくに登場人物が8人も居ると
8通りの来歴を説明しないといけないわけで、やっぱりスピード感がそがれてしまう感じは否めないし
「よく考えてみると、あの人あんまり必要なかったのでは?」
という人物が出てきたりするんですよね。
一番最初に死ぬおじいちゃんがいるんですが
冷静に考えると映画のリズム感のためだけに「ここらで一人殺しておくか要員」として登場して殺されたといえなくもないなあ、とちょっと思ったりします。

ほんとなら密室にしないほうがストーリーも分かりやすく展開もスムーズになるんだろうな、と思いもしたんですが
たぶん「狭いところに憎しみあってるもの同士が押し込められて、選択の余地なくそこで暮らさなければならない状況」って、
今世界で起こってる出来事なんですよね。
それぞれ全員がいろんな偏見、憎悪、思惑があって、欺きあい殺しあって、なかなか話の展開しない感じとか息苦しさとか、
そういうものがそのまんま監督が一番描きたかったもんだとするならば、
そんないじりにくい生の社会問題をあんなに悪趣味なエンターテインメントに仕上げるタランティーノってやっぱりすごいよなぁ、と素直に思うのです。

そういう意味では島国日本人の私としては、あの映画に潜んでる細かい差別意識とか偏見とか汲み取れないものいっぱいあるんだろうな、という気がします。
登場人物が8人出てきてるのも、当然何か意味あってのことなんだろうなあ、と思いつつ、何も思いつかない体たらく。
まさか、監督8作品目だからっていうだけの単純な動機じゃあるまいよ、え?タランティーノ殿!

ヘイトフルエイト
↑黄色のコートの裏地が目に焼きついて離れないサミュエル・l・ジャクソン。

それにつけても、サミュエル・L・ジャクソンのかっこよさですよ。
大きな黒い帽子に真っ赤なネクタイ、防寒バリバリの分厚いコートの裏地がまっ黄色。
何その色彩センス。江戸っ子か。
ものすごくよく似合っている帽子を取ったら、思ったより頭皮がちだったんで
「…ああそうだ、こんなかっこしてるけど、いい年なんだよなあ」
と思って、二度感心。
すごいですよね、普通のおじいちゃんがああいう色彩センスで闊歩してたらちょっと心配しちゃうものね。
そういう細々、端々が行き届いてかっこいいところが、やっぱりニクいなぁ、と思ってしまうのであります。

エンターテインメント映画としては前作の「ジャンゴ」のほうがよりノリやすい映画だったような気もするんですが
でもやっぱり好きだった。(でも次回作はもう少し短くして)


↑ところで予告映像では密室殺人の推理モノ、みたいな紹介の仕方してますけど、
別にそういう映画ではない。なんでこういう不思議な予告つけるのかね?

←←最後の最後で「デスプルーフ」のときに車に張り付いていたスタントウーマン、ゾーイ・ベルが出てきたのがなんか妙に嬉しかった。お元気そうで何よりでした。
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | 映画とDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

冬のあそび。

北海道では大変な低気圧とやらで、
夜中に大変な風で猫ともども驚きましたが、家が吹っ飛んだりはしませんでした。
ありがたい限り。

猫
どれどれ、だいぶ積もったねー

それよりも昨日の雪かきの方が大変だったのですが(この時期はもう雪が重い!)
せっせせっせと除雪をしているとどこからともなくご隠居雪かき奉行みたいなおじいさんがやってきて
「そこはもうそれ以上積み上げられないだろう、家の前の路肩に出したらいいんじゃないか」
と、近隣の中では極端に敷地の狭い我が家を心配してくれたりするわけです。

「そうですね。家の前に多少積んでも、これからの時期はもう溶けるだけですもんねぇ、そうします」
などと返していると
どこからともなくもうひとりのご隠居が、なんだなんだ、という感じでやってきて
「それ以上積んだら雪崩になりそうだもんな、はっはっはっ」
とか言い言い、私をダシに軽く立ち話してゆるく解散していくわけです。

なにか面白そうなことがあると迅速にかぎつけてすぐに走ってくるご隠居老人、という落語くらいでしか見聞しないシステムが未だに健在であることが、
核家族の巣窟市営団地育ちの私には結構新鮮で、戸建ての住宅街面白いなー、と思うのでありました。
それにしても今までどこにも居なかった「二人目の爺さん」が急に目の前に現れる、って本当びっくりするな。



寒くなるとあんまり家じゅうのドアを開け放しておいてやったりできないので
なんとなく猫が運動不足になる気がして、それなりに気をつかって遊びます。
猫
↑「運動不足ですけど?」という猛烈な圧力を遠くからかけられる、の図。

中でもひらひらピロピロかさかさする素材でできた大きな羽虫みたいな猫じゃらしが異常に大好きなんですが
なんか、遊び方違うんですよね。
猫

首尾よく捕まえると、咥えて奪い去って人間の手の届かないところに運んでいき
こっそり隠れて紐部分を食い千切ろうとします。
「これ俺の獲物だから触るなーっ」
っていう猫と、
「駄目だそれは買ったばかりだ、そこ切ったらもう遊んでやれないんだぞ、かえせーっ」
っていう人間の、闘いになるわけで、
なんていうか、猫じゃらしで、平和で穏やかに猫と遊んでやる、という
ファンタジー的な生活にはなかなかならない。

遊びにはルールがあるということを、理解してくれないか。
猫
↑野性の目をしてこのあと猛然と食い千切る。やめてくれ。


ペッツルート (Petz Route) AM カシャカシャびょんびょん 2Pパック

新品価格
¥1,200から
(2016/3/1 17:39時点)


↑こういうカシャカシャした素材のものが異常に好きで見てて怖いほど興奮するので、最後に高いところに隠すのが結構大変。


←でも猫が野生っぽい顔してるときってのはかわいいもんで。
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | ちーちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

オデッセイ 〜案外陽気な火星放置プレイ

「オデッセイ」見てきました。
マッド・デイモンが火星に置き去りってだけで、すでにかなり面白い。

オデッセイ
→公式サイト 映画「オデッセイ」

我ながら、ほんとうに
「いまだにかよっ!」
と思ってしまったことには、地球以外の惑星の上を歩くときのイメージって
アームストロングが月面をぴょんぴょんふわふわジャンプしてるイメージなんですよね。

そこからあんまり知識も更新されてないまま(1970年からか…)
オデッセイを見たら、軽装の宇宙服を着て火星の上を普通に歩いていたので、軽く混乱しました。
よく考えてみると、火星は重力あるんでしたっけね。
理科の時間にそんなことも、聞いたことあるようなないような。

オデッセイ

その程度の知識で見ているから
マッド・デイモンが火星でひとりぼっちになり、次の探査機がくるまで
「食料が足りない!」
っていうのでひと騒動にはなるけど、水と酸素についてはそんなに深刻に悩んだ形跡がないことが、映画的な演出なのか、環境によるものなのか、
っていうのが、映画鑑賞中に判断できないんですよね。

帰ってから落ち着いて考えたら多少とも重力があるということは惑星のまわりに大気の層はあるわけで、その中に少量でも酸素とか水素とかがまじってるとすれば
装置さええあればありものでやっていけるんだろうな、
と思うにいたったのですが。
なんていうのか、全般に知識が低すぎて、どのへんにどう驚いていいのかがいまいち頼りなかったのでありました。

オデッセイ

マッド・デイモンが宇宙で生き延びるために孤軍奮闘していることを考えると
従来のハリウッド映画だったら、
地球に残してきた幼い息子くらいはいて
「息子のために俺は死んでも生きてやる!」
みたいな熱烈親子愛は絶対に入れてくるだろうと思っていたのですが
それがなくて、けっこう淡々と物事に対処する話だったのがなかなか意外でした。

起こってる事態に比べるとマッド・デイモンは一貫して場違いなくらい楽天的で,
その感情的になりすぎないところがきっと監督リドリー・スコットの狙いだったんだろうなあ、とは思ったのです。
それはたしかに良かったんですが
たとえば「ゼロ・グラビティ」みたいに圧倒的な宇宙空間の恐ろしさで押してくるのでもなく、
男一匹努力と根性で生きぬく感情ドラマで押してくるのでもなく、
かといってドキュメントタッチなのか、といえばどうもそうでもなさそうで(とはいえ知識が足りなくてそのへんがあんまり判断できないのだけども)
見ていてどこにポイントを置いたらいいのかあいまいな気持ちにならないでもなかったです。
面白いんだけど、もうワンプッシュどこかにぐっと引き込まれる要素がほしいよう…という気持ちはちょっとありました。

実は私、一人暮らしがすごく好きなのですが、その好きな理由のひとつに
「このままずっと一人で、ちょっとずつ気が狂っていっても誰にもわからないなあ」
と考えていると、なぜか
ちょっと気持ちよくなる
という謎の空想癖があるんですが(怖い)、
マット・デイモンが圧倒的な孤立にもかかわらずやけくそ気味に陽気なので
自分のそういう癖を思いつつちょっと共感はしました。
でも一人暮らしの自分の部屋と火星はだいぶ違いそうだし、その共感でよかったんだろうか?

オデッセイ
↑この人が「ゼログラビティ」主演のサンドラブロックに見えて、「よく宇宙ではぐれる人だなあ」と思っていたんだけど、冷静に見ると別に似てなかった。

あとは、最近のハリウッド大作を見てるとしばしば感じることではありますが
まったく必要のない中国のシーンが無理やり入っているのが本当に目立ちますね。
スポンサーの関係とかそういうアレなのでしょうけども、いくらなんでもそれは無理でしょうよ、
っていう感じで流れをぶった切っていきなり中国が出てくるの、多いですよね。
あのへんは映画製作側もももう「うまく話になじむように入れよう」とか、あんまり思わないことにしたんでしょうか。
無茶すぎて、一周回って面白いんですが、ちょっと現実に引き戻されちゃう、という意味では映画的にはやっぱりだいぶ損にはなりますよね。




近年の宇宙ものの大作、「ゼロ・グラビティ」では、
あんな怖い空間絶対に行きたくない、と思ったけども、
「オデッセイ」の火星は、ちょっと行ってみてもいいかも、くらいの気持ちにはなるので、
なかなか面白かったのではないか。


火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

新品価格
¥691から
(2016/2/19 16:57時点)


↑もしかしたら原作の方がロビンソー・クルーソー感が出てまた違う引き込まれポイントがあるかもしれないので、ちと読んでみようかと。


←実際のところ、今火星って人行けるんでしたっけ?
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | 映画とDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。