2016年07月28日

盛り上がる猫の昼、盛り下がる人の朝。

Amazonから、荷物が届く。フレンチプレスである。
本当はコーヒーを淹れるための道具だが、かつおだしを取るときに使うと手軽なので壊れるたびに買い替えている。
開封して、サイズやら作りの頑丈さやらをためつすがめつしていると、
空いたばかりのAmazon段ボールに猫が飛び込んで座る。

みっちみちのところにぴったり座り込んで、らんらんとした目でこちらを見ている。
見つめあう。
だんだんと猫の目がとろんとしてくる。
ゆっくり瞬きをする。
見つめあってるうちにとろんとしてくるときは、彼の中で愛情が最高潮に盛り上がってるときだ。
少女漫画なら「壁ドン」くらい、
初代ウルトラマンならスペシウム光線くらい、
時代劇なら火事の中で切腹くらいの山場だ。
どかせてたたむのも忍びないので、箱の中で猛烈に盛り上がってしまってる猫とひとしきり遊ぶ。

そのうち、箱と飼い主に飽きた猫が長くなって眠る。
邪魔なAmazonの箱だけがそこに転がっている。

さっさとたたんでしまおう。
腰をかがめて手を伸ばした私の指先すれすれに、すっと猫が走ってきてみっちみちのところにぴったりと納まる。
らんらんとした目でこちらを見る。
見つめあっているうちに、目がとろんとしてくる。
将棋なら伝説の伝説の5二銀くらい、
ソフトクリームならコーンのしっぽのカリカリくらい、
サミュエル・L・ジャクソンなら「マザファッカ」の連発くらいの山場である。
盛り上がってるところをどかすのも忍びないので…



起きぬけの私がしばしば箱にけつまずく理由である。
猫




【お知らせ】
こちらの更新回数が減ってますが、ライブでゴーゴーのログイン通知の中に日々ひっそりとメッセージを書いております。
もしひまつぶしに私の雑文を読んでくださる方いらしたら、ログイン通知の受信の設定してもらえると嬉しいことです。
画像をつけたいものと長文になるものは、相変わらずこちらに書いていく所存なのでよろしくお願いします。
ライブでゴーゴー


【おまけ】
猫
↑ひとりで遊んでるときに盛り上がるとなぜか女豹のポーズっぽくなる。この格好には大いに問題があると飼い主は考えている。

←一枚目の写真にも写り込んでいる通り、コンセントの噛み癖もあるのです。愚猫である(超かわいい)。
posted by 六条 at 19:43| Comment(0) | ちーちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

猫と梅 〜我が家で無精に見えることふたつ

今年の梅仕事。
余裕のある時に1キロずつ梅の実を買って帰り、
わさわさっと洗って拭いて、200グラムの塩と一緒にジップロックに放り込んで
うえから大きめの本をのせておく、という極めて無精な漬け方をして
今のところ3キロまで仕込むことができました。

梅干し
↑3キロの梅を漬けている風景。時代が時代なら叱られそう。

まだしばらく梅の実が出回ってるようだったら今年はあわよくば5キロぐらいつけられちゃうかもしれないぞ、
という野望すら抱き始めた7月。
ジップロックでつけると、殺菌消毒とかで気を使うこともなし、梅の量に合わせた大きなバケツも重しもいらないし、
ジップロックの数さえ増やしていけば最終的に何キロでもつけられるし、これはもしや最強なのではないか、
と自らの発明のすばらしさの予感に打ち震えております。

梅干し
↑無精して日付も書いてないものの、たぶん端から10日目、1週間目、3日目、くらい。劇的ビフォーアフター。

あとは、七月末の土用干しを待つばかり。

さて、暦のうえでは土用も視野に入ってくる夏の気配ですが、
恐ろしいことに我が家ではまだこたつが出ています。

猫
↑こたつ猫。さすがに中でなくて上で寝る。

こちらは無精してしまわずにいる訳ではないのです。
朝晩なんかは案外涼しくて、こたつがあっても苦にもならない、という理由ももちろんあることにはあるんですが、
うちの唯我独尊系内弁慶猫が、玄関のチャイムが鳴るたびにものすごい勢いで駆け込む、
「絶対安全地帯」として熱烈にこたつを支持しているため、
彼からそれを取り上げてしまうのが忍びない、という大きな理由があるのです。

猫
↑うっかり座ると猫に死ぬほど絡まれる。

私に対しては
「おーおー、あそばねーのか、おらおら」
くらいの圧で常に迫ってくるくせに
未知のものに対しては迷わずしっぽを巻いてこたつに逃げ込む彼の性格を目撃するたびに
飼い主としては、ちょっとばかり勝ち誇ったような気持になって気分がいい。
「はっはっはっ。ダメなやつだなあ。お前は。私がいないとだらしなくっていけない」
…と言いたい。
せめて、猫に向かってくらいは言いたい。

それが我が家にまだこたつが出ている理由。

←一番情けないのはだーれだっ
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | ちーちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

盗んだバイクで走られて。

最近うちの猫がますますよくしゃべる。
猫
遊んでほしい、という気持ちは痛いほど理解できはするものの
ちょっと手が離せないので無視していると
「にゃーん?にゃーん?にゃーん?……ふーん?」
という、四拍子で話をしてくる。

ちょっとマンネリを打破していくと注目を浴びやすいということを
猫ながら身につけてきているところがいじらしい。
こいつは大変に成長している。

しかしそれでも、人間には多少のしがらみがある。
生きていくには、やらねばならぬことが無限にあるのだっ、
とばかりいばって猫を無視してパソコンに向かっていると
今度は我が家で唯一、猫立ち入り禁止区域として指定されている
食卓の上に座りこんでドヤ顔で真正面からこっちを見ている。

食卓に上がることは我が家のルールでは絶対にイカンのだ。
手を叩いて大きな声を出し、怒った顔をして猫を追い払う。
猫は両耳を伏せ、たいへん美しい野性的な流線型を作って
全速力で駆け出す。
新幹線そっくりな長く伸びてつるんとした真剣な顔をした猫があっという間に視界から消える。

猫のことを見ていれば人間のことなんかだいたい分かる、と
たしか向田邦子がどこかで言っていた。

私も、やんちゃざかりの猫から学んだことがある。
注目を集めたい気持ちをこじらせすぎると、生き物はグレる。
二本足でも、四本足でも、グレる。

そうかそうか、すまんすまん。
君にとって大事な時間が、あとでいくらでも取り戻せると思ってた私が馬鹿だったんだよ。
グレなくてもいいから、先にちょっと遊ぼう。
猫の名を呼びながら、家の中をうろうろする。
今日も今日とて日が暮れる。

猫
↑「まっ、食卓なんて人間が見てないときは乗り放題ですけどねー」

←盗んだバイクで走り出すにゃんこの夜。
posted by 六条 at 17:00| Comment(0) | ちーちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

冬のあそび。

北海道では大変な低気圧とやらで、
夜中に大変な風で猫ともども驚きましたが、家が吹っ飛んだりはしませんでした。
ありがたい限り。

猫
どれどれ、だいぶ積もったねー

それよりも昨日の雪かきの方が大変だったのですが(この時期はもう雪が重い!)
せっせせっせと除雪をしているとどこからともなくご隠居雪かき奉行みたいなおじいさんがやってきて
「そこはもうそれ以上積み上げられないだろう、家の前の路肩に出したらいいんじゃないか」
と、近隣の中では極端に敷地の狭い我が家を心配してくれたりするわけです。

「そうですね。家の前に多少積んでも、これからの時期はもう溶けるだけですもんねぇ、そうします」
などと返していると
どこからともなくもうひとりのご隠居が、なんだなんだ、という感じでやってきて
「それ以上積んだら雪崩になりそうだもんな、はっはっはっ」
とか言い言い、私をダシに軽く立ち話してゆるく解散していくわけです。

なにか面白そうなことがあると迅速にかぎつけてすぐに走ってくるご隠居老人、という落語くらいでしか見聞しないシステムが未だに健在であることが、
核家族の巣窟市営団地育ちの私には結構新鮮で、戸建ての住宅街面白いなー、と思うのでありました。
それにしても今までどこにも居なかった「二人目の爺さん」が急に目の前に現れる、って本当びっくりするな。



寒くなるとあんまり家じゅうのドアを開け放しておいてやったりできないので
なんとなく猫が運動不足になる気がして、それなりに気をつかって遊びます。
猫
↑「運動不足ですけど?」という猛烈な圧力を遠くからかけられる、の図。

中でもひらひらピロピロかさかさする素材でできた大きな羽虫みたいな猫じゃらしが異常に大好きなんですが
なんか、遊び方違うんですよね。
猫

首尾よく捕まえると、咥えて奪い去って人間の手の届かないところに運んでいき
こっそり隠れて紐部分を食い千切ろうとします。
「これ俺の獲物だから触るなーっ」
っていう猫と、
「駄目だそれは買ったばかりだ、そこ切ったらもう遊んでやれないんだぞ、かえせーっ」
っていう人間の、闘いになるわけで、
なんていうか、猫じゃらしで、平和で穏やかに猫と遊んでやる、という
ファンタジー的な生活にはなかなかならない。

遊びにはルールがあるということを、理解してくれないか。
猫
↑野性の目をしてこのあと猛然と食い千切る。やめてくれ。


ペッツルート (Petz Route) AM カシャカシャびょんびょん 2Pパック

新品価格
¥1,200から
(2016/3/1 17:39時点)


↑こういうカシャカシャした素材のものが異常に好きで見てて怖いほど興奮するので、最後に高いところに隠すのが結構大変。


←でも猫が野生っぽい顔してるときってのはかわいいもんで。
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | ちーちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

ストーブの前

雪祭りもおわり、春分も過ぎて、春一番も吹いたとかで
まだまだ寒いながらも
「冬の一番寒いところは乗り越えたぞーっ」
という気分も盛り上がってまいりました。

この冬の総括といたしましては
冬の猫はとにかく散らかりやすい
ということですね

ちーちゃんちーちゃんちーちゃんちーちゃんちーちゃんちーちゃん

いつ見てもストーブの前に猫が散らかっている状態でひと冬をすごし、
「寒い中に暖かい家があるというのはともかくも幸福なことなのだ」
という感覚を日々思いださせてもらったので
なんだか、わりと心穏やかな冬だったような気がします。


←十分暖まると急に狂ったように走り出すあたりが、まだまだ子どもであります。
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | ちーちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする