2014年01月05日

新春寄席 〜そして普通の日がはじまります

正月ということで新春寄席に行ってまいりまして。
「鈴が森」「七段目」「口入屋」と聴いてきました。
正月に、人がワラワラいるところで笑ってくるってのはやっぱりいいものですね。
新春寄席
桂宮治さんという噺家さん、存じ上げませんでしが
新年らしい勢いあって大変楽しかった。
2012年に二ツ目になったばかりの噺家さんとのことなので、
ちょこちょこと北海道に来ていただければぜひまた聴きにきたいものだ、と思うところです。
今年は去年よりもう少し多めに落語会にいけたらいいなー。

というわけで、年末に煮豆やら筑前煮やらの「それっぽいもの」を作る時間がなかったわりには、
開けてからは初詣もいけたし、お雑煮も食べたし、寄席にもいけて
これ以上ないほど正月らしい正月を過ごした気分になったのでした。

そろそろあっちもこっちもちらほらと、通常営業はじまりましたね。
2014年の普通の日がいい具合ですべり出しますように。


※忘れ物。
(あ、あと絶対書こうと思ってたのに昨日忘れちゃったから今書きますけども
初詣に行ったときね、お守りを頂いてきたんです。
巫女さんではなかったようだけど、一応白衣を来た若い女性が包んでくれたんですよ。、
なぜか胸に名札をしていたので、ぱっと見たら「マリア」って書いてありましたよ。
ま、まあね、まあね。自分でつけた名前じゃないもんね。)

←今年は一人でサトウの切り餅を一袋食べるという初快挙。
posted by 六条 at 18:00| Comment(1) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

鼠穴 〜迫力あればあるほどヤな噺

二ヶ月ぶりくらいになっちゃいますかね、落語会に行ってまいりまして。
談春
「鼠穴」を聴いたんですが、ライブで聴くとまたあれはなんとも腹具合の悪くなる話ですね。
落語会としてはすごく楽しかったんだけど帰ってきてえらいこと疲れまして、私こういう噺苦手なのねぇ。
全然嫌いではないんだけども、胆力不足により身が持たないなと思いました。

鼠穴って、一番回数聞いたのは談志のDVDで聴いてるんですよ。

笑う超人 立川談志×太田光 [DVD]

新品価格
¥3,590から
(2013/11/10 14:53時点)




遊びで身上つぶしたので唯一の肉親を頼ってきた田舎百姓の竹次郎を江戸の商人である兄が三文やって追っ払う、っていう噺ですよね。
怒った竹次郎がその三文銭から死ぬ思いで商売起こして十年後に蔵を三つもつまでに成功し三文返しにやってくる、
兄は「よくやった、十年前は自分もつらかったがあのときお前を甘やかしたら駄目になっていたに違いないから死ぬ思いで突き放した」みたいな話をし、竹次郎は鬼と思っていた兄の深い情に初めて気づいて兄弟和解…っていうような流れですけどね。

談志はこの兄はそんな深い考えあって三文渡して追い出したわけじゃない、弟が成功したから後で適当なこと言ったんだ、みたいな立場ですね。
で、たしかにいったんそういう解釈を聴いたら、まったくその通りだよね、と私も思うんです。

また、そんな噺でも談志だとあの悪人面で目ぎょろぎょろさせてだみ声でしゃべるもんだから
「はいはい、また嫌な噺するんでしょう。まあいいっすよやってください」
っていう気分になってこっちもあんまり急所に毒がまわらないように用心しながら聞くのでそれなりに聴けるんですよね。

それが、ですよ。
談志よりももうちょっと聞く側の気持ちをおもんぱかってくれそうなやさしげな噺家さんで聞く場合、今度は余計怖くなるのよね。
この兄弟がちょっとでも情を見せると、談志の「人間の業ってものは〜」っていう黒い怨念がよみがえってきて、全部腹の探り合いにしか見えてこない、という。あなおそろしや。

談志離れたとしても、だいたいが話おかしいですもんね。
兄弟仲直りした晩に竹次郎の全財産が火事で燃える、兄のもとに再度金を借りに行くが追い返される、その足で幼い娘を吉原に売りにいく、って、なんぼ夢でも人の気持ちを逆撫でするように作りすぎだろうと思って仕方ないわけですよ。我慢大会なのか。

一応私の落としどころとしては、「火事がやりたくって仕方ない噺なんだろう」ということで苦し紛れに腹に収容はしたんですよね。
「火事って超かっこいいよね」
っていうシーンをやりたいがためにできた話で、火事を魅力的にみせるためには、空っぽの貧乏長屋を焼く火よりは死ぬ思いで作りあげた全財産が燃える火の方がより興奮するし、その後の落ちぶれ方も酷い方がより印象的な火になるだろう、という事ならまあ納得いくんですよ。

そこらへんは大友克弘の「火要鎮」と一緒で、本当は「火事場ってすげーよねっ!」っていうのだけ描ければいいんだけどそれだと完結しないから、若干の無理は承知で火事を引き立てるストーリーつけてみました、っていうことならね、なんというか、「男の子が大好きそうな噺」としてわからなんでもない。


そういうわけで「火事場物語」として、一応納得したことにして家に帰ってきたんだけど、まあそれでも異様に消耗する噺であることには変わらないよね。
火事場の表現がうまければうまいだけ生で聴くとどっと疲れる気がしたのでした。(話すほうはよく過労死しないもんですね。)

でも神話でも昔話でも落語でも、収まりの悪い話に時々出会って、なんとか収まりつけようとしてはなしをあっちやりこっちやりしてるうちに眠れなくなったりする経験ってのはいいもんですよね。
あんまりたくさんあると嫌だけども、たまには出会いたいもんです。ああ疲れた。

←年末年始はまたいろいろ落語聞きに行きたいところだ。
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

寄席とキムチと人の悪口

年に二回やってる寄席に行ってまいりましてね
寄席
15分の中入りをはさんで3時間半、
疲れたけど面白かったなー。

北海道にいるとどうしても独演会が多いので
次の演者さんとの辻褄あわせって、あんまり見る機会ないんですけど
9組出演、なんてことになるとやっぱりあるもんなんですね。

噺終わってから踊りをはじめた噺家さんが居まして、
「なんだなんだ、何があったんだ(・∀・)ニヤニヤ」
と思ってたら、今度は踊りも終わっちゃいまして
仕方なく会場と噺家さんで
みんなでただ手拍子だけしてる
という面白い展開にニヤニヤ笑いとロマンチックが止まりませんでした。
人が困ってそうなのを食い入るように見ててもいい機会ってちょっと面白いもんだな(・∀・)。
寄席

歌丸さんも元気でご存命でらして何よりでした。
「今日は24時間テレビがあって笑点が生放送だから夜席は早めに出て東京帰られなきゃいけないんだ」
なんてことを言ってましたが、
その後札幌はまんまと大雨で列車止まったりしてたんですよね、帰れたんだろうか?
24時間テレビ見てた方、歌さん間に合ってました?
寄席
Wモアモアさんっていう漫才コンビが出てましてね。
私、テレビじゃないところで漫才を見たの初めてだと記憶しますが、面白かったなあ。

「46年コンビ組んでるけど、全然売れない」
っていってバッサリ自分を斬ってから、あとは延々人の悪口。
うーむ、テレビではやれなさそうだねぇ、と思いつつ
大変面白かったですね。

「親には欲目ってもんがある。親が見て普通の子だったら、馬鹿に決まってるじゃないか」
って言ってたのが
「はあああああっ!いい事言いますよねっ!」
って感動しちゃいまして

いや、私は子どもいないから「親の欲目」はどうでもいいんだけど
子どもに対してそうなら、自分自身についても、同じですよね。
どうせ自分の能力なんて三割くらい下駄履かせて見積もってるに決まってるんだから
自分で「普通だ」と思ってるなら、客観的には人並み以下の能力って意味だよなぁ、
名台詞だから覚えておこうと思ったのでした。
漫才から人生訓。

いや、普段ならうぬぼれて生きてるくらいがちょうど過ごしよいと思うけど
オモロイ人になりたければ、人の悪口言うときに同じ客観性の刀で自分を切れるかどうか
ってのは大事なポイントですよね。


で、漫才師Wモアモアさんの推薦北海道土産(?)鮭キムチ。
鮭キムチ
話題なんですってよ。
どこで話題なのかよく知らないですけど。
Wモアモアさんは知ってたのに会場にいる地元の人たちはほとんど知らないという謎の人気土産。

全国的には人気だけど地元の人はあんまり知らないってことは
空港じゃ手に入りにくいけど駅では普通に売ってたりするってことだろ
と思って帰りに探してみたらほんとにいっぱい売ってたので、つい買っちゃいました

鮭キムチ
鮭にキムチが入ってるのか、と思ったら
鮭のキムチなんですよね。
鮭だらけでなかなかのボリューム。
漬物、っていうより立派におかず一品の満足感、たしかになかなかおいしうございました。
あんまり辛くないけどニンニクがしっかり利いている。



くにを 鮭キムチ 150g

新品価格
¥840から
(2013/8/25 14:20時点)



鮭キムチが今北海道土産人気NO1で、白くまラーメンがNO2だそうですよ。(Wモアモアさん情報)

藤原製麺 札幌円山動物園白クマ塩ラーメン 112.4g×10袋

新品価格
¥1,000から
(2013/8/25 14:21時点)





←それにつけても生で聴く歌丸さんは良い声でした。
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

八月は落語ぞめき

久しぶりに談春さんの落語会に行ったら
すごくかっこいいリーフレットができていたので
ちょっとうれしくなりました。しめしめ。
皆様こぞって本腰入れて北海道に落語やりに来てくださいまし。
落語
それにつけても北海道、いいペースで落語会増えている気がします。
どこもこんなものなのでしょうか?

かなり長いこと「落語って本で読むものだ」と信じて育ってきた私には
夢のような時代です。
ありがとう不景気!ありがとう地味な娯楽!

噺家さんって、基本的に東京か大阪かのどちらかから来てくれてるので
口をそろえてマクラで北海道の独特の季節感に驚いてくれるのが、聞いててちょっと気持ちいいのですよ。
もちろん、地元サービスってことで土地の話してくれてるってのは分かるんですけどね。
「はっはっはっ、北海道はいいところだということがお分かりいただけましたか?」
という、まったく根拠のない優越感をくすぐられるの、何なんですかね。
気候が違うって話をしてるだけなのに勝手に褒められた気になっているという無駄な郷土愛。
我ながら模範的な客だなっ!

昨日は
「道路の左手を見たら紫陽花が満開に咲いてるのに、右手を見たら一面のコスモスが咲いてた」
って話されてまして。
季節感に敏感な人らしくて面白い話だなあ、と思いました。
(ちなみにネタは「宮戸川」と「子別れ」。意外と季節感は関係なかったという。)



さてさて。
今月は私のちょっとした落語月になりまして。
落語
どうしてもホールで聞く機会のおおい北海道の落語で
「寄席」という形式ごと来てくれる年に二回のイベントがあるんですよね。
月末に行ってまいります。

長い時間かけて、知らない人からしゃべり始めて、イロモノさんが入って
じわじわと見たことある人が出てくる
という寄席スタイル、毎年行きたい行きたいと思うんですが、宣伝が地味なのでいつもちょっと過ぎてから思い出すんですよ。

今年は談春さんの会のおかげでようやっと、帰り道にいいタイミングで思い出して
プレイガイドに寄ったので入手できました。
落語
歌丸さんのご存命に間に合わないんじゃないかと思って数年前からハラハラしておりましたが
どうやら間に合った様子。

そんな具合に私の札幌の夏は、落語で盛り上がっているのでありました。
いや、ありがたいことで。
馬車
↑落語へ行く途中に遭遇した札幌中心部名物の観光用の馬車。馬もさぞ暑かろう。

←夏休みの週末というのは、なんとく街が浮かれてて黙っててもちょっと楽しいもんです。
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

週末の落語会 〜春ともつかず、夏ともつかず。

そういったわけで週末には落語会に行ってまいりましてね。
落語
(↑わりといい席だった。)

一之輔さん、前回の真打昇進披露公演のときも
「やっぱりおもしろい、キャッキャうふふ黒ハート
とは思っていたのですが、
尋常じゃなくパワーアップして面白くてびっくりいたしましたですね。

お前は笑いすぎだから追加料金払えといわれても怒らないな
ってくらい楽しんできました。

ネタは「初天神」「唐茄子屋」「あくび指南」と、三席聴いてきたのですが
五月末の北海道で、夏なんだか春なんだか、
どっちつかずに季節が混じっちゃってる感じがまた地方公演らしい感じでいいですね。
そりゃあ、東京では真夏の気温で、北海道に来たとたんに梅やら桜やら咲いてたら
どう考えたってそうなりますわね。

春風亭一之輔

新品価格
¥1,547から
(2013/5/27 09:19時点)



噺も面白いんだけど、顔も面白い。
マクラも面白いんだけど、ネタも面白い。
大変ぐっと来ました。また来ます、また来ますともよ。

落語
ホール前には近年の札幌における急速な落語文化定着を表すような
サイン寄せ書きハッピが展示してありました。
遠慮なくドンドンやってくれるととてもうれしい。

←開演前にジーンズ姿でふらっと出てきてオープニングトークやる噺家さんってはじめて見たのでした。

posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。