2014年09月06日

秋の味覚 〜イクラやら秋刀魚やらで忙しい

それはそうとイクラです。
買うときは毎年「やっぱり高いもんだな」と思いますが結局4食分くらい贅沢できるので
食べ終わる頃には「そんなに高くもないな」と思いなおしたりします。
いくら
でもセコいのでほぐし鮭とかしらすとかで二色丼にしてしまいますね。
今生ではイクラ一色だけ丼を食べる勇気を持つ日はこないような気がします。
イクラ丼の影にお里が見える。


ちなみに漬け汁はわりとこのレシピに近い感じでやっております。
いくら醤油漬け
Cpicon 簡単すぎる☆いくらの醤油漬け(イクラ丼) by otgl
(↑しかし筋子のほぐし方はぬるま湯の中で手でほぐすよりは、裂いてスプーンでかき出す方法をお勧めしたい。)

イクラを見てると、あんまり綺麗なのでちょっと幸せになりますな。
綺麗な上に美味しいなんてなんという才色兼備。

そんなわけで秋の海の恵みに気をよくしましたので、本日は秋刀魚の棒寿司に取り掛かりたいと思います。
この時期、ご丁寧に頭も腹も骨も綺麗に取ってある鮮度のいい秋刀魚が大量に出てるので、買って帰って塩振って酢に放り込むだけ秋刀魚の酢締めが食べられるなんてでちょっと話がうますぎるような気すらしますな。

秋は食べるものいろいろあって忙しいのです。



秋刀魚棒寿司
Cpicon 一口でサイズ秋刀魚のあぶり棒寿司 by さとうごはん
秋刀魚の棒寿司は、手順は少なくて簡単だけど少し時間をおいて味をなじませたほうが美味しいから、
秋刀魚の味が落ち着くのと、自分のお腹がすくのとをじっと待ってる時間が非常にイイんですよ、これが。


←今年は安い桃をあんまり見かけなかったのが悲しい。
posted by 六条 at 18:00| Comment(1) | クッキング編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

秋刀魚 〜今年も庶民価格で頑張っていただきたい

暑い中にも、「一番暑い盛りは終わったな」の気配が漂うようにはなっておりますね。
じっとしてても具合の悪くなる気温ってのは、さすがに今年はもう来ないんだろうなー、と思うことです。

今年は秋刀魚が不漁で、えらく高い
なんていうニュースをどこかで聞いたような気がしたので身構えておりましたが
皆様のところはいかがなのでしょうか。
北海道は出回りはじめの時期としてはごくごく普通の198円でした。
0821sannma1.gif
久しぶりに会う秋刀魚は綺麗なもんですのぉ。
落語「芝浜」の
「包丁はちゃあんと研いでそば殻の中に突っ込んであるから、活きのいい秋刀魚みたいにピカピカ光ってる」
っていう言い回しが思い出されるね。

まだ高いな、とは思ったものの、
今年はまあびっくりするほど暑かったので、出はじめの秋刀魚で夏をねぎらいたいような心持がして買ってしまいましたよ。

さすがにまだ丸ごとの生魚を持って歩いたり、腹わたを処分したりするのが億劫な季節なので
処理済のものを買ってきて、刺身の予定です。

夏が終わると思うと寂しいもんですが、一年で一番食べものの美味しい季節が来ると思うと寂しがってる暇もないですな。
さっさと食べていかないと秋も終わってしまうぞい。



↑芝浜って全然好きな話ではないんだけど、研ぎたての包丁の色味とか、早朝の浜べの寒さとか、張り替えた畳の匂いとか、そういうものの表現が凄くいいよねえ。(このバージョンは「秋刀魚みたいに〜」の件がないけどいい声で楽しいね、志ん朝)

←あまりの暑さにうかうかしてたら今年はまんまとスイカを食べ損ねた模様なのであります。
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | クッキング編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

きゅうりの漬物 〜夏はありとあらゆるきゅうりを食べる

お盆ともなると、ラストスパートのようにきゅうりが安くなっておりますな。
ここのところ、立派なのが7本入って198円。
きゅうり
きゅうりが立派でぱりぱりしてると、
「うむっ、夏の恵みであるなっ!」
という気分になってむやみに嬉しい雪国人でございます。
栄養ないだの、放っておくと緑の水になるだの、世間ではいろいろ陰口も言われてきましたが、とにかく旬のきゅうりは美味しいのである。

とはいえ、野菜庫もないような小さい冷蔵庫で暮らすひとりもんにとって
りっぱなきゅうり七本をパリパリのうちに食べる、というのは
それなりに手回し根回しが必要なのは当然の事、今年はきゅうりのきゅうちゃん漬けにちょっとはまっておりますよ。

きゅうり
Cpicon 【農家のレシピ】農家のキュウちゃん漬け by FarmersK

無精してめんつゆと酢とみりんを適当に混ぜた液で漬けておりますが、これは美味しい。
きゅうり
↑今回はぼーっとしてたら漬け汁入れる前に絞るのを忘れたので物凄く生っぽいですが、まあこれはこれで美味しいし、どうせすぐ食べちゃうからいいことにしました。

というわけで、興にのってきたのをいい事に、
今度はビール漬けをやろうと思ってビール買ってきました。
きゅうり
リカーショップで一番小さいビールを一缶だけ買ってくるの、なんかちょっと恥ずかしかったわ。

ジップロックにビールと塩と砂糖入れたところにきゅうり漬けて二日くらいで美味しいそうです。
キュウちゃん漬けよりさらに簡単でおもしろそうではないか。
きゅうり
Cpicon 旨♡やみつききゅうりの簡単ビール漬け by カフェまにあ

せっせせっせときゅうりを食べているうちに、こうして夏が更けていくのでありました。
今キリギリスとあったら喧嘩になりそうなくらいの勢いで毎日食べてる。

←うちは糠床が小さいからもう糠漬けだけだと保存が追いつかなくなってきたのでありまして。
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | クッキング編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

一人ローストビーフのよろこび 〜暑い盛りに案外便利

お暑うございます。
最近でかい肉を焼くことになぜか急にハマりまして。
私としたことが肉用温度計を買ってしまいました。
日本人の台所になんということをっ!
食品用温度計
元々、別に肉を食べなくても何とも思わない体質なので
肉の塊を焼くということに今まであまり興味なかったんですが
でかい肉を調理しておいて一週間くらいかけてちびちび食べていくと
何にでも使えるし、暑い季節はかえって便利だな、ということに気づいてしまいましてね。

そして、何よりでっかい肉焼くのって楽しいのですよね。
塊の中心部分は、焼けているか焼けていないかのどちらかであるのは確かなんだけど
実際どれくらいの火の通り加減なのかはど真ん中をばっさり切ってみいなくてはわからないというところが楽しいわけです。
シュレディンガーの牛は焼けてるか?

食べる欲求は実はそれほどでもないんだけど、焼きたい欲求の方がちょっと高まってきてしまいました。
ここぞと思うタイミングで切ってみる一瞬、なかなか一人暮らしの料理では登場しない大物感で楽しうございます。

いろんなレシピの気に入ったところだけをちょこちょこと参考にするけど、だいたい基本は強火で表面焼き固めてから、中の温度が65度になるまで火を通し、そのあと保温で好みの具合まで持っていく、という流れ。
↓こんな感じとか。
ローストビーフ
Cpicon フライパンローストビーフ味醂醤油だれ by 雅28

ということは肉用温度計さえあれば、火の通り加減は機械的にチェックできちゃうので、あとは経験でどれくらいのサイズだったら何分くらい保温状態を保てばいい具合の色になるかを見極めるだけなので理屈上は非常に簡単。

料理っていうより、明らかに実験の面白さですね。
温度計という小道具つかっちゃう感じといい、むしろ男性が喜んでハマりそうな料理だよなあ、と思いつつ今週分もせっせと焼くのでありました。
どうですか、一人ローストビーフ。
面白いし、長時間火を使いたくない季節に結構便利よ。

TANITA スティック温度計 【料理用温度計】 オレンジ TT-533-OR

新品価格
¥897から
(2014/7/6 00:54時点)



↑私はスーパーで買ったので1200円しました。Amazon安いねえ…。

←とはいえこのご時勢の輸入肉だしな、と思ってなんとなく火を入れすぎてしまう傾向がありましてですね。


%
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | クッキング編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

炒め物の季節到来 〜この夏は積極的に痺れていきたい所存

お暑うございます。
暑くなってきたからには、調理時間が短い炒めものの季節がやってきましたね。
冬の間お世話になった土鍋を脱ぎ捨てて、いざフライパンの夏へっ!

今年の夏は、ちょっと花椒にハマっているのであります。
花椒
花椒って、いままでは指でムリッと潰して使っていたんですが、私の指じゃあんまり器用につぶれなくてですね、
思ったほど味がなじんでる気もしないうえに油断してるとまるのままがりっと噛んで一気に経験したことないの香りで口の中が一杯になっちゃったりするので要注意だな、と思っていたのです。

それを今年は
「そうだ、ミルで挽けばいいんじゃないかっ!」
ということに(やっと)気づきました。
家に余っていたセラミックミルに入れて挽いて使ってみると、これがうまい具合に香りが立って花椒って美味しいのねえ。
花椒
いや、あれは美味しいっていうのでもないような気がするんだけど
「おおっ、なんだこの味は。そもそもこれは味なのか?舌が変だっ!」
……とかやってるうちにどこかの時点で癖になりますね。
舌がしびれる感覚の中のどこかにトリップ感があって、やめられなくなるのだと思うのであります。

というわけで、そんなに辛いもの得意じゃないんですがこの夏はミルのおかげで、軽く花椒にハマっております。
軽く痺れつつ汗かいてると、なんかわからない爽快感黒ハート(そこはかとなく不穏な空気)


そもそもどういうわけかミルがやけに好きなので、なんでもミルに入ってると多めに使うようになる習性があります。あのリズム感がいいのよね。
ミル
↑我が家のミルの皆様。七味唐辛子あたりはほとんど味も香りもしないんだけど、ミルってだけで楽しいのでなぜか念入りにゴリゴリしてしまうのであります。



最初からミルに入ってる花椒のもあるみたいですが、近所ではこれ売ってるのは見たことないなあ。

グルメミル 四川赤山椒(花椒)入り 13g ミル

新品価格
¥810から
(2014/6/26 17:32時点)




今回使った胡麻用ミル。ブラックペッパー入れてみた時は径が合わなくてほとんど挽けなかったんだけど、花椒ひくには大変いい具合で楽しい。

京セラ セラミックミル ゴマ用 CM-10YL(N)

新品価格
¥756から
(2014/6/26 17:29時点)




花椒、豆豉、甜麺醤あたりの使い方の理屈はだいたいこの本でわかる。面白い。

大好きな炒めもの

新品価格
¥1,490から
(2014/6/26 17:38時点)







←そもそもどうして人間はかほどトリップ感覚が好きなのか。
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | クッキング編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。