2016年09月07日

「X-men アポカリプス」〜離れ業ウルトラCを待ち続ける日々。

「X-menアポカリプス」を見てきました。
…もう私の手に負えないということが分かっているのに、
どうして毎回見に行ってしまうのか。

X-men アポカリプス
→公式サイト 映画「X-men アポカリプス」

シリーズ八作目くらいにあたるんでしょうか。
スピンオフを除外すると、旧三部作と、新三部作、合わせて6本目、ということでいいんだと思うのですが
私は前作(つまり新三部作の二本目)「フューチャー&パスト」のときにひしひしと感じていましたよ。
「もう、完全に話についていけなくなっているっ!」
ということを。


アポカリプス

もともと、X-menはキャラクターが多すぎて、あんまり把握できていないのです。
それでもギリギリで整理はつけつつ見ていたんですよ。
「車いすのやかん頭がプロフェッサーX。ハト派。
変なヘルメットかぶってるのがマグニートー。タカ派。
志を同じくするけども、やり方が違うので対立しながらそれぞれ徒党を組んでいる。
お互いの仲間同士の中で、寝がえりとか、恋愛模様とかあったりする。
鉄の爪があるのが一番人気キャラのウルヴァリンで、毎回尻を出すのが最大のウリ。」
まあ、これくらいで、なんとか映画は理解した気になれたもんですが。

そこで登場、前作のフューチャー&パストですよね。
タイムワープして
「今までやってきたことはなしナーシ!超能力で過去を変えたので未来も変わりマース!」
とやってしまったので、私の中の「X-men回路」が完全にショートしまして、
誰と誰が今どういう関係になっていて、どの過去がどこまでリセットしたんだっけ?
という浦島状態になったんです。
そしてそのまんまの状態で今回の新作「アポカリプス」を見に行ったので
もう、本当になんだかわかりませんでした。

X-Men: フューチャー&パスト (吹替版)

新品価格
¥250から
(2016/9/7 18:03時点)


↑旧三部作の最後にプロフェッサーXを殺しちゃったし、マグニートーが能力を失っちゃったから、タイムパラドックスでやり直さざるを得なかった。とはいえ、制作側の都合でそこまで無茶されても、容易についていけないのでありました。


頭の整理のために、旧三部作、新三部作、見直しましたがそれでも「フューチャーアンドパスト」があることによって、圧倒的にわかりにくいような気がする。
(というか、冷静に見直すと「X-men」シリーズって旧三部作でやるべきことはもう全部終わってるわね)。

さらには、
マグニートーが家族を殺されたことでコントロールを失い、見境ない破壊に走る、とか
プロフェッサーXがかつてないほど強大な敵に出会ってボコボコにされる、とか
起こっているドラマが全部過去作の中で見たことがあるものしかないので
「あっ、またソレやりますっ?」
ってなってしまうところが、やっぱり六作目の厳しさですよね。


アポカリプス
↑母を殺され、娘を殺されたことによって強硬派になってきたマグニートーに、今回、息子がいることが発覚します。話が広がらないと次々家族が増える人物、マグニートー。気持ちはわかるけど、安直に見える。

あとは、回を重ねるごとに、まさか要素を小さくするわけにいかないから
キャラクターを増やし、破壊の量を増やし、アクションを派手にし、
の「増し増し大作戦」にならざるを得ないので、
私のようなアメコミ弱者には本当についていけない領域に到達しておりました。

Xmen
↑もともと超能力使い放題であるところにもってきて、タイムパラドックスあり、神と戦うのあり、というのでは、もう話の成立する余地も残らないんじゃないか…。

ところで、なぜもう手に負えないをわかっていても観てしまうのかっていうと、
ここまでくるとかえっていろいろ期待が膨らむところもあるのです。
マーベルが力入れて毎回作ってるもので、人気シリーズだから
そろそろ、アッといわざるを得ないような状況打開策を繰り出してくるんじゃないか、
と楽しみにしていたいのですよ。
今更やめられない、人気大作の6作目、7作目、8作目だから…というところでの
苦肉の策のウルトラCみたいな、奇想天外な作品が出てほしい。
(「フューチャーアンドパスト」がそういう位置づけで撮られたのはわかるけど、アレはあんまり成功したって言えなかったですしね。)








ビーストニュークス要潤
↑今作最大の発見はXmenの青い野獣ビースト君が「マッドマックス 怒りのデスロード」のニュークス君と同一人物であることにやっと気づいたこと。天才だっ!素晴らしいっ!しかも無駄に要潤に似てるっ!

マッドマックス 怒りのデス・ロード [DVD]

新品価格
¥927から
(2016/9/7 18:32時点)



↑ウォーボーイの一人、ニュークス君は最近映画で見た中で最も気に入ったキャラクターの一人です。ヒャッハー。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション (字幕版)

新品価格
¥250から
(2016/9/7 17:43時点)



↑新3部作の一作目、ファーストゼネレーションは結構好き。ビーストとミスティークが悩みながら大人になっていく、それなりに平凡でもある成長譚がいいのです。

←クイックシルバーの活躍シーンは、話の内容わからなくてもいつも楽しいですが、今回も非常によくできておりました
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | 映画とDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: