2016年07月28日

盛り上がる猫の昼、盛り下がる人の朝。

Amazonから、荷物が届く。フレンチプレスである。
本当はコーヒーを淹れるための道具だが、かつおだしを取るときに使うと手軽なので壊れるたびに買い替えている。
開封して、サイズやら作りの頑丈さやらをためつすがめつしていると、
空いたばかりのAmazon段ボールに猫が飛び込んで座る。

みっちみちのところにぴったり座り込んで、らんらんとした目でこちらを見ている。
見つめあう。
だんだんと猫の目がとろんとしてくる。
ゆっくり瞬きをする。
見つめあってるうちにとろんとしてくるときは、彼の中で愛情が最高潮に盛り上がってるときだ。
少女漫画なら「壁ドン」くらい、
初代ウルトラマンならスペシウム光線くらい、
時代劇なら火事の中で切腹くらいの山場だ。
どかせてたたむのも忍びないので、箱の中で猛烈に盛り上がってしまってる猫とひとしきり遊ぶ。

そのうち、箱と飼い主に飽きた猫が長くなって眠る。
邪魔なAmazonの箱だけがそこに転がっている。

さっさとたたんでしまおう。
腰をかがめて手を伸ばした私の指先すれすれに、すっと猫が走ってきてみっちみちのところにぴったりと納まる。
らんらんとした目でこちらを見る。
見つめあっているうちに、目がとろんとしてくる。
将棋なら伝説の伝説の5二銀くらい、
ソフトクリームならコーンのしっぽのカリカリくらい、
サミュエル・L・ジャクソンなら「マザファッカ」の連発くらいの山場である。
盛り上がってるところをどかすのも忍びないので…



起きぬけの私がしばしば箱にけつまずく理由である。
猫




【お知らせ】
こちらの更新回数が減ってますが、ライブでゴーゴーのログイン通知の中に日々ひっそりとメッセージを書いております。
もしひまつぶしに私の雑文を読んでくださる方いらしたら、ログイン通知の受信の設定してもらえると嬉しいことです。
画像をつけたいものと長文になるものは、相変わらずこちらに書いていく所存なのでよろしくお願いします。
ライブでゴーゴー


【おまけ】
猫
↑ひとりで遊んでるときに盛り上がるとなぜか女豹のポーズっぽくなる。この格好には大いに問題があると飼い主は考えている。

←一枚目の写真にも写り込んでいる通り、コンセントの噛み癖もあるのです。愚猫である(超かわいい)。
posted by 六条 at 19:43| Comment(0) | ちーちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: