2016年07月04日

ポーラX 〜緊張と緩和なんでございます。

久しぶりに大変変わった映画を見ましたが、大変面白うございました。


ポーラX [DVD]

新品価格
¥14,400から
(2016/7/4 01:51時点)




【あらすじ】
城に住んでる(!)お金持ちのボンボンがある日、腹違いの姉を名乗る人物に出会う。
姉は、どうやら東欧系の難民であり、虐げられた暮らしをしています。
その存在を知ったとたん、ボンボン氏はなぜか
「この世の真実を見つけたりっ!」
となってしまい、
自分の裕福な生活のすべてとフィアンセを捨てて、姉と手に手を取り合って出奔します(なぜなんだ)。
そして、生活の術もないまま、順当に落ちぶれていき、最後はテロリストのアジトの倉庫みたいなところに間借りして暮らすようになります。
頼みの綱として書いていた小説ももちろん認められず、体も悪くなり、最後には発狂して往来で自分のいとこ(?)を追い回し、「これで我々一族を根絶やしにできるっ!」と叫んで射殺します(どういうことなんだ)。
警察にその場で拘束された落ちぶれボンボンを見て姉はその護送車に飛び込んで死にます(だからなんなんだ)。

という、あらすじだけ書くとただ暗いだけでて別に見たくなるような要素はないですな。

ポーラX
↑金持ちのボンボンと、突然現れた隠し子の姉。

ところが結構面白いのは、
まずひとつには、妙なコメディのセンスに終始彩られていることです。
いわゆる桂枝雀師匠いうところの「緊張と緩和」っていうんですかね、
時々さしはさまれる、爆笑、失笑、苦笑い、が好みだったのでございます。

一番笑ったのは、落ち延びて落ち延びて、不幸な状態でテロリストのアジトにたどり着いたとき、
その倉庫の地下みたいなところで、みすぼらしい恰好をした人たちがめいめいよく分からない楽器を手にして
よく分からない音楽を一生懸命に奏でていたシーン。
それまでは結構フランスっぽい陰鬱なメロドラマの流れで来てるのに、ここから急に前衛芸術みたいな全然別の映画になっちゃうわけですが、
そのつなぎのガラクタオーケストラのミスマッチがまあ極端に目立っておもしろく、
ひとりで「えーーっ」と奇声発してしました。
このアジトのシーンからいよいよひどい目にあっていくわけですが、このボロボロオーケストラのおかげで
「今見てるのはふつうの映画じゃないんだ」
っていう宣言になってたのが、いい感じのクッションです。

ポーラX
↑倉庫の地下の謎オーケストラ。みんな不幸せそうである。


あと笑ったシーンは、「最近、黒髪の女性につけられてる夢をみるんだ」って悩んでいた主人公ボンボン氏が
初めてその黒髪の女(姉)が本当にいることに気付いて、追いかけようとした瞬間の姉の転びっぷり。
あまりにもコメディ的に完璧だったので、思わずそこだけ巻き戻して見直そうか、と思ったほどですした。カテリーナ・ゴルベワ、いい女優さんだねー。

polax
↑この男根の形の岩の下に”そっと寝そべりに行く”シーンも結構笑った。こういう「なんか一人で盛り上がっちゃう精神状態」ってわかりますわ(ツライ)。


そんなわけで、いろんなシーンに大笑いはしたんですが、非常に身につまされる話でもあります。
「これこそが真実の自分だっ!」
と思いこんで、どんどんどんどん”それ”を剥いていったら、実は剥いちゃいけない玉ねぎみたいなもんで最終的に中身がからっぽだった、という話。
正直、ありがちすぎてツライので今さら直視させないでいただきたいところです。
「みんな愚鈍だから真実に気づかぬふりをして生きているのではなくて、そもそも自我玉ねぎは剥くもんじゃなかったんだーっ!」
って、剥き終わってから気付くもんだよねー(しみじみ)。

ポーラX
↑最後は人を殺して警察に拘束される、というまあ暗い話ですが。



謎のアジトのシーンから以降は現実なのかどうか自体がちょっと良く分からない撮り方なんですが、
血の海で溺れるシーンなんかがあることから考えても、
ダンテの地獄めぐりがモチーフであるように私には見えました。
一人の人間の「光の側面」であるボンボン氏と、「影の側面」である寄る辺なき姉とが一緒に地獄を巡ります。、
それを救うためにボンボンの元フィアンセが救済の天使としてアジトに登場するんですが、
二人の魂は救われることはなく、ふたりともほぼ同時にこの世とのつながりを失ってしまいます。
ラストで絶望した姉が車に飛び込むシーンでは、天使であるフィアンセが、隣にいた自分の弟の目をパッとふさいで、魂が地獄に落ちる瞬間を見せないようにする、というやさしくて印象的なカットにつながっていたのだと思います。

ポーラX
↑白い衣装の婚約者。いい人であります。(いくら金持ちのウエディングドレスでもそんな作り方はしないだろう)

そんなわけで、前半は金持ちのボンボンの中二病を巡るメロドラマ、
後半は地獄めぐりの旅、
そしてわが身を振り返って居心地悪い思いをしつつ見つつも、唐突なユーモアシーンにきゃっきゃうふふと見る私。
といったような作品でございまして、結構好みでありました。
地獄物、好きなんですよね。



レオス・カラックス監督見たことなかったですが、どうかしてるので、もうちょっと見てみたい。

ポンヌフの恋人 <HDリマスター版> [DVD]

新品価格
¥4,779から
(2016/7/4 01:54時点)




ホーリー・モーターズ (DVD)

新品価格
¥3,175から
(2016/7/4 01:55時点)



←秘密を暴こうとして、城の中の塗り固めた扉をたたき壊してみたら、中が空っぽでがっかりした、というシーンが間抜けで悲しくて好き。
posted by 六条 at 02:39| Comment(1) | 映画とDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ポーラX」は待機中に流し見することがかなり多い映画です。

ギョーム・ドパルデューは父親に似ずイケメンですが、レオス・カラックスの他の作品でほとんど主演しているドニ・ラヴァンは、レオス・カラックスと体重、身長が同じなんだそうです。

レオス・カラックスのアレックス三部作は思い入れが強過ぎて長くなるので黙りますが、この監督は当時、アンファンテリブルと呼ばれていました。
Posted by あずさ at 2016年08月07日 19:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: