2016年04月27日

糠漬けの季節

遅ればせながら北の大地にも桜が咲きました。
桜
なにしろ何もかもいっぺんに咲いてしまう北の大地のことゆえ、
いつまでたっても花の種類に自信が持てないんですが
桜であってますかね?これは梅じゃないですよね?

「あれ、つぼみがついてる…」
と思ってから咲くまでの期間がいつもに増して早かった気のする今年でございます。
きっと夏まで百花繚乱のままあっという間に駆け抜けるんでしょう。

猫
↑食卓の上に猫が乗ってるときは追い払うルールにしているものの、あんまり春の日差しが心地よさそうなのでつい見て見ぬふりをして許してしまう、人間の尊厳にとってなんとなく気まずい一瞬。

今年も、野菜の安い季節になってきたのでまたぬか床始めました。
ここのところ、ほぼ毎年新しいぬか床を作ってるような気がします。
糠漬け
何度も何度も作り直して思うことには、
ぬか床、難しいといえば、難しいし、簡単と言えば簡単なもんですね。
「一度作ったら一生モノっ!」とか力まずに、いろいろ試行錯誤して、どうもあんまりうまくいかないようだったら秋に廃棄して、また次の野菜の季節が来て気がむいたら新しくはじめればいい、
っていうくらいのテンションでやると、そんなに手入れのやっかいなこともないようです。

とはいえ、その一方で、「めちゃめちゃ美味しい糠漬けが食べたい!」と思い始めたら
やっぱり理想的な状態を保つ勘をつかむのって、やっぱりそれなりの修練が必要なので難しいんでしょうね。

私なぞはどうもついつい塩分を控えてしまう癖があるのですっぱくなりやすくて
今時分はそれでもなんとかなるのですが、真夏になってくると、なかなか管理がおっつかなくなるんだろうなあ、という予感が今からしております。
今年の目標としては、適切な塩分量の勘を掴むこと、ですかね。


糠漬けに加えて、近頃は「やたらに具の多い味噌汁」に目覚めました。
だいたい、三種類の出汁、十種類の具、二種類の味噌、を使ってど迫力の具だくさん味噌汁を作り、
必然的に量も鍋一杯になるので2,3日持つのです。
とりあえずこのやたら野菜たくさんの味噌汁と糠漬けにご飯だけあれば、まあいつお腹すいてもそこそこまともな食事ができる、というので、便利なもんですな。
なんとなく、仕事の合間などにこういう手のかからないありあわせの食事をさらさらっとしてると
「あたし今、落語っぽい!」
と思ってちょっと嬉しくなるのもどういったものかしら。


そんなわけで、近頃は糠漬けの出てくる落語が好きでよく聴いてます。
メジャーどころだと「酢豆腐」あたりもいいですが、
「包丁間男」なんかも、好きですな。


江戸の頃はこれほど当たり前に、どこの家でも美味しいぬか床があったもんなんですかね。
台所が涼しかったのか、陶器の甕の通気性がよかったのか、ぬかの鮮度が違うのか。
なんか秘密があるんじゃないかなー、と思いながら
心もち酸味の強いきゅうりをかみ締める、心地良い春なのです。

←日の出の時間も早くなったので、早朝に猫がおでこをザリザリ舐めて起しにくるのです。
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | うちのぬか床 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。