2014年04月04日

体にフィットするソファミニ 〜一年三ヶ月でカバーを変えてみた

みんな大好き無印良品の体にフィットするソファミニが我が家に来たのは去年の一月。
仕事するとき、読書するとき、寝おちするとき、いつなんどきもワンルームの中をどこにでも持ち歩いて使ってきましたが、
使い始めてから一年三ヶ月にしてついに
お尻が沈みすぎて足がしびれるという事案が発生しました。

では1年三ヶ月、足がしびれるようになったヘタり具合を見て見ましょう。
体にフィットするソファミニ
元は真四角の物体だったものがまん丸になっています。

新品のときはこんな形でした。
体にフィットするソファミニ

上に座布団を載せてお尻が沈みすぎないようにして座ることでしばらくしのいでおりましたが
やっぱり座り心地としてはぜひとも「フィット」してもらいたいので
ここはひとつ思い切ってカバーを買い換えることにしたのです。

人気商品なのになぜか販売終了してる体にフィットするソファーミニ、カバーは店頭に出ていないので注文できるか聞いてみました。
ダークブラウンとグレーベージュの二色なら早めに取り寄せられるいうので今回はグレーベージュを注文。
一週間ほどで無事手元に届きました。

写真だといまいち分かりにくいですが、新品の頃のパツパツ具合までは復活しないもののちゃんと四角形に戻りました。
部屋に置いてあるときの感じも
「おっ?一回り小さくなったぞ?」
と感じる具合のまとまり具合。
体にフィットするソファミニ
お尻が沈みすぎることもなく、また快適な座り心地に戻ってくれたのでありました。

ということで体にフィットするソファミニ、元の値段が10000円程とお高い上に、快適に使うには一年ちょっと置きに3千円のカバーを買い換える必要あり、という結論のようでまあ高いといえば高いんですが、
気に入ってしまって片時も手放せなくなってしまってる身としては、ずっと替えカバーが手に入る限りはついていきたいと思っているのでした。
無印さん、カバーの生産やめないで末永く続けてくれたらいいなあ。

ちなみに、いろんなメーカーから色んなバッタもんが出てまして半分くらいの値段でも結構似たものが買えるのですが、私が無印の前に使っていたバッタ物をご紹介しておきましょう。
一年半でここまで見事に圧縮されたことを思うと、やっぱりヘタリ具合だけ考えても値段のぶんだけは無印さん頑張ってくれてるんじゃないかなと思うのであります。
体にフィットするソファミニ


↓今思い起こせばすごい勢いで小さくなったのだよなあ…(座布団重ねて使うという裏技は応急措置としては結構使えます)

ビーズクッション CUBE M ブラウン

新品価格
¥7,400から
(2014/4/4 13:58時点)



ビーズの補充が出来るタイプのものを売ってるメーカーもあるようです。単純に座り心地という点で考えると伸びた生地にビーズを補充してパンパンにするよりはカバーの交換ができるほうがビーズクッションの特性は生かせそうな気がしますが、どうなんだろうか。

←「体にフィットするソファミニ」での検索流入が多いことからしても、人気商品だと思うんですけどどうして生産終了してるのかしらね?
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。