2014年01月31日

ショルダーリリーフサルブ  〜おしゃれなサルブにまつわるビンボくさい話

朝起きて窓から外を見たら忽然と家の正面にでっかい十字架が立っていたんで
私がドラキュラだったらこのまま二度寝しちゃうなっ♪
と思いました。
ああいう目立つものが何の前触れもなく目の前に出来上がってると非常にびっくりしますね。

それはそうと部屋が寒くて寝てる間に勝手に肩が凝る季節、皆様いかがお過ごしですか。
わたくしめは今年はじめて入手した肩凝り用のマッサージクリーム結構快調に使っております。
ショルダーリリーフサルブ
ショウガ根オイルの入った温感クリームなので塗るとしばらく気持ちがいい。
貼り薬のようにかぶれないし、湿布のように病院臭もしないし
気分転換をかねてちょこちょこと塗って使うのに手軽だなぁ、と思って順調に消費してまして、結構減ってきました。
 ショルダーリリーフサルブ
気に入ったんですが、要するにオリーブ油とかラベンダーオイルとか、西洋の魔女っぽい生薬の出汁をミツロウで固めたものなので、
「千円くらいで似たようなのなんかあるんじゃないか」
と思っていじましく探してはみたんですけど、案外シンプルな素材でショウガの成分濃そうなクリームって大体これくらいの値段にはなってるようなのですよね。
ミツロウの固さが絶妙でよく伸びるので、ワンシーズンくらいならなんとか持ちそうですし、まあこんなもんなんですかねぇ。

Amazonレビューのように「これ塗っておくと痛みが消えますっ!」とまで感じたことはないんですが、
これのおかげで今年はボチボチ快適です、はい。
ある程度フローラルなのにかなり利きそうな説得力のある匂いがするのがなんかいいのよね。

ニールズヤードレメディーズレメディーズ ショルダーリリーフサルブ 45g

新品価格
¥3,570から
(2014/1/31 14:58時点)



定期便で買うとそこそこ安くなりますしね(定期便って一回だけ買って解約しても大丈夫なので、結構手軽に使えます)


ショウガ根油買って自分でワセリンかなんかに混ぜて使えばいいんじゃないか、と思ったんだけど、こういう精油ってそもそもいい値段するので、最初からいろいろ混ざってる製品買う方が手軽でいいんだろうな、と思いなおしました。

yuicaselect(ユイカセレクト) エッセンシャルオイル ショウガ(根茎) 5ml 【HTRC3】

新品価格
¥1,785から
(2014/1/31 14:56時点)




←食用にせよ、入浴剤的なものにせよ、ショウガっぽいものが結構好きなのでありまして。
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

2月に見たい映画いろいろ

1月の後半は意外と見たい映画がやってない時期がちょっと長かったんですが
2月3月くらいからまたいろいろ出てくる予感がしますですよ。
今のところ来月以降公開で見に行こうと思ってる映画。

ウルフ・オブ・ウォールストリート

またもマーティン・スコセッシとディカプリオのコンビですよ。
そしてディカプリオの成金っぷりが「グレート・ギャツビー」や「ジャンゴ」の時にそっくりなのでなんかちょっと笑えます。
予告映像を見る限りどうやら「こぎれいな与沢翼」みたいな話のようですね。
私はわりと欲望を極端にデフォルメした露悪的なキャラクターってちょっと好きだったりしまして、叶姉妹も加藤茶の嫁も与沢翼も、ついつい観察してしまう癖があるんですよね。
その延長の好奇心がそそられちゃう成金デカプリオなのでありました。


地球防衛未亡人

昨年から映画館のスタンプラリーを頑張って溜めまして、先日全部溜まったので、応募してきたんですよ。
何が当たるかっていうと、1ヶ月映画を無料で見られるフリーパスチケットが抽選で当たるんです。
それが当たったら見たいの。
フリーパスチケットが当たったら絶対見たい壇蜜が怪獣の手から地球を救う話。
フリーパスチケット当たれっ!

アメリカン・ハッスル
これは今年のアカデミー賞でたぶん大きな扱いになるので、アカデミー賞を面白がるためにもちょっと見ておきたいですね。

マイティ・ソー ダーク・ワールド
アベンジャーズ関係者はマイティ・ソー以外は一応全部見てるので、いきがかり上見ておきたいところではありますね。
どうせ「アベンジャーズ2」が公開になったら見に行くわけですし。予習もかねて。

レゴムービー
レゴで映画を作っちゃった話ですね。
「くもり時々ミートボール」の製作陣なのでちょっと期待しているのでありますが、正直おもしろいのかどうかは見当もつかない。

ホビット0 竜に奪われた王国
こういう神話的世界観結構好きなのですよ。映像が壮大だから劇場で見る甲斐あっていいよね。

あといくつか忘れてるような気もするけど、とりあえずこんな感じでしょうかしら。
来月も頑張って生き延びようお思います!

←3月4月公開でもすでに見たいものが結構あって楽しみなのであります。




posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | 映画とDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

レモン 〜じめじめした地域の人間の頭をちょっとおかしくする黄色

「実家の庭でなったレモン送ってきて、どうしていいのかわからないんだけどいる?」
と知人から聞かれまして。
いるもいらないもいるに決まってますよね。レモン。
レモン
だいたいが「レモンが庭になる」という意味が北国育ちにはすぐにピンとこないですからね。
レモンっていうのは、なんかスパゲティの多そうなはるか遠い地域から案外雑な感じでどんぶらこどんぶらこと輸入されてくるものですよ。
「庭にあるけど誰も使わないからあいつにおしつけてみよう、という扱いは不届き千万っ!」
と思っても口には出さずに黙ってもらってきました。

レモンって、見るとちょっとテンションおかしくなるのですよね。
酸っぱいものが好き、という理由もあるとは思うのですが、レモンって、形といい色といい重さとい香りといい、いろんな方面でちょっと木の実界の中でも別格の存在感ではないですかね。

梶井基次郎が、貧乏と病気でおかしくなっちゃってるときに、八百屋でレモンを一個買ってインテリの巣窟、憎き丸善にそれを仕掛けてきて「へっへっへっ、これでも食らえインテリめっ!」とほくそ笑むという、完全に頭おかしくなってる小説を書いておりますね。

檸檬 (280円文庫)

新品価格
¥280から
(2014/1/29 12:46時点)



私はあれ読んだときに
「やっぱりレモンって万人にとってちょっと特別な存在なんだな」
としみじみ思ってしまったので、レモンに特別興味ないという人を見るとびっくりするのですよね。
なんで興味ないんだ、あんなに黄色いのに。

高くてなかなか手に入らない国産無農薬レモンなので、張り込んで栗とさつま芋のレモン煮にしました。
レモン
向田邦子エッセイに御用達で、出てくるたびに
「それ食べたいです〜」
と悶絶する一品。

たっぷりの水で軽く下茹でしたサツマイモと、栗の甘露煮を汁ごと、レモンの輪切りを鍋にいれ、適当に水を入れてコトコト煮含めるだけ。
簡単だけどさすが凄く綺麗で美味しいのでありました(煮すぎてくだけちゃったけど)。

でもまあ、湿気の多い土地において太陽の光豊かな南国を連想させる数少ないきっかけだから特別なのであって、実際太陽の光豊かなところで見ても
「やたら酸っぱいし、そんなに使い道ないよ」
ってなるもんかもしれないですね。
やっぱり寒くて暗くて湿ったところに居ると人間はよりセンチメンタルになりやすいんですよ。
レモン、テンション上がるけどなぁ、レモン。

向田邦子の手料理 (講談社のお料理BOOK)

新品価格
¥1,680から
(2014/1/29 13:02時点)


↑サツマイモのレモン煮のレシピが載ってる。


←経済学ではレモンって不良品のことである、と知ったときにはレモンを思って涙したもんです。

posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

最近のHulu 〜図らずも衝撃を受けたアレとコレ

テレビない私の頼みの綱、ドラマや映画の動画サイトHuluの話ですよ。
huluの特徴のひとつでもあるのが、ひとつ動画が終わったら勝手に次が再生されることなんですが、
おかげ様で図らずも時々妙なものを見てますのでそんな話なぞ。

思いがけず見たものの中で最近一番びっくりしたのは、ポケモンですよ。
ポケモンといえば、自分の画力をプレゼンするために記憶スケッチを試みて皆様の心を癒すのに何度か使ったことがあるので微妙に知ったような気になってました。
0128pikacyuu.gif
↑私は「結構うまい」と思ってますけど、何か?

だがしかし、先日はじめてアニメのポケットモンスターを見てみたら衝撃の設定だったので度肝を抜かれましたですよ。
皆様あれどんな話かご存知?
ポケットモンスター
→動画サイトHulu「ポケットモンスター」

ポケットモンスターという生き物がいる世界が舞台で、人間が一方的にモンスターに戦いを仕掛けて相手が戦意喪失したところで自分のものにし、「仲間だね、ぼくたち友達だよね!」と言い張る、という話なのですよね。

…アバターかっ!

アバター [初回生産限定] [DVD]

新品価格
¥250から
(2014/1/28 13:16時点)




いや、アバターのときは
「アメリカ人の作ったものだしな…」
と思ってそんなに驚かなかったんだけど、ポケモンはさすがにちょっと衝撃受けてしまったな。
しかもピカチュウの動きや表情が非常に可愛らしく描いてあるところがまたなんともいえない気持ちをかもし出すのよね。数話しか見てないんだけど、なかなかの作品ですね。




もうひとつ、全然別のベクトルで衝撃を受けてしまった作品をご紹介。
BBCですよ。
ワールド・アニマルカップ
→動画サイトHulu 「ワールド・アニマル・カップ」
世界最強! 全動物界の頂点を決める“ワールド・アニマル・カップ”開幕! 世界中の動物たちが、スタジアムに大集合! 勝利の栄冠は誰の手に?!


二回言うけど、BBCですよ。
男の子が
「ティラノサウルスとコンクリートミキサー車が戦ったらどっちが強いと思う?」
みたいなまたく現実性のない話にやたらに執着するのは世界共通なんですかね。
現実的に出会う可能性のない物をふたつ持ってきて比べろ比べろと迫るのはやめてくれないか…って思ってたら天下のBBCが同じことやってたっていう衝撃。なんなの、この人たち。

条件そろるために全部の生き物を人間くらいのサイズにいったん合わせるんですよ。
180センチのイモムシとかね。
「もー、キツイキツイ。怖い、ひーーーっ。ごめんなさーい!」
とか奇声あげながら、何のためか最後まで見てしまいました。

「象が人間サイズになると意外にも人間より力弱い」…というような、どのくらい根拠があるのか定かではない独自の基準で延々と勝敗を決めていくわけですね。
しかも日本の子供向け特撮ものくらいの中途半端なクオリティのCGを使って。

いやあ、面白かったな(?)
Hulu契約ある人はぜひ見てみてください。BBCに対して認識改めちゃうかもよっ!(虫嫌いな人はたぶん無理)。


←最近のhuluは外国のおかしげなテレビ番組がいっぱい入ってきててちょっとくだらなおもしろいですね。
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

鑑定士と顔のない依頼人 〜いろいろ脇甘いけど、爺さんがかっこいい

昨年末からの公開でそろそろ終わってしまうころではありますが、かけこみで
「鑑定士と顔のない依頼人」を見てきました。

鑑定士と顔のない依頼人
→公式サイト「鑑定士と顔のない依頼人」

感想は、ミステリーとしては致命的なくらい設定に無理がある、と思ったけど映画としては好き、という感じでした。
そういうこともあるのだ。

(とは言ってもネタを知らないで見たほうが面白いことは確実なので、これから見るかもしれない人は絶対読まないでくださいね。ネタバレしますわよ。)

身なりのいいおじいさんジェフリー・ラッシュを、その面体にぴったりの品の良い雰囲気の中でずっと見ていられるだけでも十分楽しめちゃうのですよね。

身なりのいい爺さんって本当にかっこいいよなぁ。
鑑定士と顔のない依頼人
しかもこの爺さん、童貞なんですよ。
多少詐欺めいた方法で女性の肖像画を山ほど集めてきて隠し部屋に飾りその真ん中に自分が座ってるときが一番幸せ、という人なんですね。
鑑定士と顔のない依頼人
好みの女性が全員こっち向いてる部屋の真ん中に座ってるのが悦楽という、この倒錯っぷりったら圧巻!

そんなジェフリー・ラッシュのところに、相続した屋敷の中の絵やら家具やらを鑑定して欲しいという若い女性からの依頼の電話があるわけです。
ところがその女性は姿を見せず、どうやら広場恐怖症で屋敷の壁の向こうに作ってる隠し部屋にこもって生きてるらしい、ということがわかります。
鑑定士と顔のない依頼人
気になったジェフリー・ラッシュはこっそり彼女を覗き見しちゃうんですが、これが美人だったのでフォーリン・ラブなのですね。
女性に不慣れなおじいちゃんは、女にもてるイケメン美術品修復士のところでいろいろ相談してはじわじわと距離をつめていきます。
鑑定士と顔のない依頼人
おかげで、童貞を卒業して同棲をはじめたりしちゃうわけです(びっくり)。
変人で孤独だったおじいちゃんは幸せになり、仕事仲間にも祝福され、イケメン修復士にも見守られつつ第二の人生に踏み出すのであった……めでたしめでたし
……と思ったら絵を全部盗まれてた。

って話なんですけど。

どうもミステリーとして腑に落ちないのは
「相続した屋敷ごと鑑定して欲しい」みたいな依頼なのに、その屋敷の多少の素性みたいなもの調べないものかな、とか、
世界的に有名な鑑定士から絵を盗んでも、どうせ流通の過程で本人に見つかるんだろうから、どこにも売れないんじゃないの、とか
そもそもイケメン修復士とはいつから知り合いだったんだ、とか。
「全てを記憶する朱儒」という突出したキャラがいるのに、まったく何の役割も果たさなかったのでなんのために出てきたのかわからない、とか
いろいろと脇が甘いので純粋にミステリーとして没頭できるかというと、そうでもないと思ったんです。

ところが私がこの映画が結構好きなのは、こんな話だけどそうバットエンドでもないところなんですよね。
老鑑定士は、フェイクの愛の中にもほんの少しの真実が含まれてるかもしれない、ということを期待して彼女を待つことにするんです。
ラストシーンでは無数の時計に囲まれたレストランで終わります。
鑑定士の人生においては肖像画が時計に変わっただけなのですが、この人の生き延びる力、できるだけ心穏やかでいるための落としどころを見つける能力って凄いな、と思っちゃうわけです。

女性恐怖症だけどできるだけ幸せな人生送るために、ひたすら勉強して一流鑑定士になって好みの女性(肖像画)と一緒に暮らす方法を手に入れる、とかね。
教養や想像力ってそういうためのものだよねっ!…と思って共感を持ってしまうのでした。

私自身が「バラを持って座敷牢に閉じこもりたい願望」の人だから、この手の話ってちょっとぐっと来ちゃうんだよなあ。



鑑定士と顔のない依頼人

新品価格
¥1,575から
(2014/1/27 13:23時点)


↑たぶん原作を読んだら特殊な能力を持つ小人症の人が出てきてる理由とかはっきりするんだろうな。

←そんなに整合性を気にしないで見ていられるタイプの人にとっては結構いい映画だと思う。
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | 映画とDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする