2013年12月31日

スカイフォール 〜年末掃除のテーマソング

大晦日ですね、蕎麦買ってこなくては。

図らずもこの年の瀬、心のテーマソングが勝手にアデルの「skyfall」になっております。
あの堂に入った声、一度聴いたらしばらく耳から離れなくなっちゃいますな。


今年DVDで見た中で一番面白かった映画どれかなぁと考えて思いついたのが
「007 スカイフォール」なんですよね。

007/スカイフォール [DVD]

新品価格
¥927から
(2013/12/31 11:34時点)




冒頭水の中に沈んでいくボンドにかぶせていきなりアデルの野太い声で
”This is the end”
と流れてくる映像で
「はじまってないのに終わったよ!」
っていう衝撃が、そのまんまこの映画のショック度ですよね。

この映画は冒頭でまず死んでそこからの再生を試み、そして最後にもう一回死を迎える、という
ようするにずっと死んでばかりいる映画なんです。
コテンパンに死ぬことによって生まれ変わる、っていう成長と老化の本気度がひしひしと伝わってきて
めちゃめちゃ恐ろしくもかっこよくて、計算高い映画でした。
長生きしすぎる生き物人類としては、自分が生涯かけて築き上げた価値観がただ時が過ぎたからというだけの理由で無用になるというこの理不尽さをどうしたものか。
うーん、こうして思い出していても心高ぶる具合に面白かった。


あと雰囲気も意味も映画と完璧なリンクをしすぎてなんかもう「上司M」の声にしか聞こえなくなってくるアデルの”This is the end♪”が耳を離れません。
ここまで完璧なサントラってのも、そうそうないんじゃないのかしら。


というわけで年末なので「ディス イズ じえーーーーんど」と脳内ヘビーローテーション起こったまま掃除してきます。
皆様もどうぞどうぞ、心穏やかなよい歳をお迎えくださいませ。

←今年も新旧含めて面白い映画たくさん見られてありがたい一年だった。
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | 映画とDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

おろし金のギザギザ 〜2013年最後の大発見

本来なら黒豆くらい煮てる時分なんですが
ちょっとずつ残ってる根菜類を年内のうちにいったん片付けようかと
今更大量の豚汁なんかを作ってしまい、鍋を占領されています。
しかもそこにお正月用に買ってきたお餅などを入れたりして、もうこの年の瀬に何を食べてるんだかよくわからない(しかし毎年、久しぶりに食べるお餅はびっくりするほど美味しいねえ)。

そんな中、この歳になってすごい発見をしてしまいましたよっ!
不思議に思われたことないですか?おろし金のアレを。
おろしがね

大根おろしパーツもわかる、わさびおろしも分かる、野菜スライサーもわかる。しかし
何なんだ、そのギザギザは!
おろしがね
子どもの頃
「…おろし金のフリルだなっ!」
程度のファンシーな解決をして以来、大人になってもついなんとなくその解決法を採用し続けてしまい、改めて用途を問う機会さえ、なくなりつつあったおろし金のギザギザ。
さすがにもうおろし金を可愛くするためについてるとは思ってないですが、じゃあ何のためかっていうと…ねぇ?
刃物がついてれば飾り切り用のスライサーだと思うんですけどね。プラスチックってのが解せないんですよ。
「努力すれば切れるのか?」
と思って、以前ひそかに人参に押しつけてみましたけど、当然切れなかったですしね(恥ずかしい)。


そんな中の豚汁ですよ。
こんにゃくを切るのに、年末だしちょっと飾り切りなんかしてみようかしら、とふと思ったところで急に
「こんにゃくなら切れるんじゃないっ!?」
とひらめいた。
私、こんにゃくをスプーンで切るのが下手で、ビロンビロンの変な形になっちゃうのもありまして、ためしに、とおろし金のギザギザを上から押し付けてみましたところ。
切れる切れる。面白いように切れる。
そして形も綺麗だし、味もしみやすい、なんなら箸にもひっかかりやすい、非常にすばらしい一口こんにゃくできました!
おろしがね
そういう事だったのかーっ!

でもそれはそれでちょっと疑問なんですけど、こんにゃく専用ってことですかね?
家庭にこんにゃく専用のスライサーが必要なほど、日本人はこんにゃくを食べまくっているのか?

こんにゃく 書道家が書いた漢字Tシャツ サイズ:XXXL 黒Tシャツ 背面プリント

新品価格
¥3,150から
(2013/12/30 12:18時点)



でも今後一生にわたってこんにゃく切る際の楽しみが増えたということは、2013年を締めくくるにあたって特筆すべきことではある。


←こんにゃくって芋のくせにテンション変ですよね。
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | クッキング編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

くもりときどきミートボール2 〜ピクルスと釣りをしたくなる

くもりときどきミートボール2を見てきました。
たぶん、年内はこれでロードショー見納めになりあす。
くもりときどきミートボール2
→公式サイト 「くもりどきどきミートボール2」

久々に3D上映で見てきたんですが、これは結構3D表現がうまかったですね。
わざとらしさもなくしっくりストーリーになじんでた気がしました。

とりあえず前作である「くもりときどきミートボール」の話から。

くもりときどきミートボール コレクターズ・エディション [DVD]

新品価格
¥800から
(2013/12/29 12:48時点)



これがまずかなり変わったアニメだったんですよね。
「子どもに見せるにはギリギリアウトなんじゃないかっ」
っていうブラックユーモアなんだけど、ちゃんと子どもが好きそうなところはがっちり抑えてある感じで、クレイジーで面白かったんですよ。
大量に降ってきたアイスクリームの上で橇すべりして遊ぶ風景とか、あっさり子供心をくすぐられて非常に楽しいんです。
でもそこから先でどんどん「秩序なく存在する食べ物って、おぞましいゴミだ」っていうのを見せていくんですよね。
しかも「わくわくする楽しい食べ物」という描写から、はっきりした線引きなく自然にゴミに移行していく過程が、なんかすごく怖い。
でも基本的にアニメはポップな陽気さを失わないまま進む、っていうブラックユーモアの世界で、非常に変わったアニメとして印象に残ったんですよね。

というわけで今回はその続編を見てきたわけですが、相変わらず子供心の呼び覚まし方がうまいなぁ、と思ったんです。
今回は「空から降ってきた食べ物が動物になっちゃった」という話なんですが、
存在しない生き物の話をするのって、なんか楽しいよね?
いつまで経っても怪獣とか恐竜とかが子どもに人気があったり、ムーが四半世紀もUMAの話を続けていられたりするのって、基本的に「居ない動物LOVE黒ハートっていうことだと思うんです。
今回は「なるほどそこに目をつけたかーっ!」
って思いましたですね。
くもりときどきミートボール2
↑「ハンバーガーに都市を食い尽くされるかもしれない」っていう件はどう見てもマクドナルドだった…

変な生き物がいっぱい出てきて、性質を知ってみれば意外と人間になついたりもする、っていう話自体は結構面白いので、もっと「居もしない動物の生態についてじっくり語る」シーンがいっぱいあってよかったな、と思うんです。
どんな巣に住んで何を食べてどういう子育てをする、とか、そっち方向に話進んでいってくれたらUMA系わくわくが掻き立てられて楽しいなーと思ったんですが、実際はそういう細かいところはスルーでした。ちょっと残念。

話にはどうやら柱が二本あって、
科学者として道を歩み始めた主人公が早く成功して人から認められたいと思う気持ちと挫折、
それから、一人でやったほうが仕事が早い場合に自分の中で仲間をどういうふうに位置づけていくか、っていう話。
そのふたつの葛藤がいちおう、物語の中で語られてるんですが、話が進むうちにどんどんコネタに埋もれていって、ちょっと主人公の葛藤が宙に浮いてきちゃうんですね。
別に解決もされないまま終わるので、ストーリー全体の印象が緩慢になってたのは残念なことだ。

くもりときどきミートボール2

ただ、相変わらずブラックユーモアは面白くて「おしゃれなオフィスにいる有能なエンジニアはどうせ紙カップに入ったコーヒーばかり飲んでるんでしょっ!はいはい。」っていう描写なんか、私は妙にツボでした。
基本的におしゃれであることを小馬鹿にする、という姿勢が根底にあるところはものすごく好感もっちゃうのよね。
あとは釣りが大好きなピクルスちゃんが可愛いとか。そういうところはやっぱり相変わらずうまいんだよな。

というわけで感想としては「惜しい」ですかね。


←劇場は子どもが多かったですが、こどもたちは喜んでいた模様。

posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | 映画とDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

もっけ ~成長という異界

最近読んでとっても面白かった漫画。

もっけ(勿怪) 1 アフタヌーンKC

新品価格
¥500から
(2013/12/28 01:14時点)



9巻まで出てるそうですが、今4巻まで読んだところで、これがまあ面白いのね。

元はといえば、「夏目友人帖」のアニメがネットであったのでちょっと見ていたんですよ。
妖怪大百科みたいで、なかなか面白いんじゃないか、と思って見ていたら
似た話で「もっけ」っていう作品も面白い、と教えてくれた人がいたのです。

youtubeにアニメ版が上がっていたので、軽い気持ちで見始めたところ、これが確かに面白かったのね。
なかなか面白いな、と思って原作の漫画を読んでみたら、漫画の方がさらに深みがある話だったので喜んだ次第。


どうしても物怪でなければ語れないことがしっかり語られているところが凄いと思うんですよね。
主人公が小学生の妹と、中学生の姉の姉妹。
妹は勿怪がつきやすい体質で、姉は勿怪が見える体質。
そんなちょっとやっかいな姉妹だから両親の元を離れて拝み屋であるおじいちゃんのところで生活してます。

成長にともなって世界の未知の部分にどんどん足を踏み入れていかなければならない不安や好奇心と、物怪が引き起こす不思議な現象とがリンクして語られていて、少女の成長物語として本当に素晴らしいんですよね。

そういう点で比較すると「夏目友人帖」の方は孤独と優しさ、みたいなものについてずっと同じペースで淡々と描いてある作品なので
「これは特に物怪を介して描く必然性というものは薄いな」
とも思えるんです。
だから良くないって思ってるわけでは全然ないんだけども、同じ世界を扱った作品として見たばあい、「もっけ」の「これでしか語れないんだ!」っていうエネルギーみたいなものが凄く際立って見えるな、とは思いました。

また「もっけ」は拝み屋のおじいちゃんが素晴らしいんですよね。
本当に危険な目には遭わないように二人の孫のことをよく見てはいるんだけど、姉妹自身でなんとかなりそうなときは絶対に手を出さないおじいちゃんなんですよ。
必要なことは教える、よく見ている、本当に危ないときだけ動く、で、結構怖い。
こんなかっこいいじいさん像をよく描いたなあ、と思います。

子どもは成長する、老人は老いる、その間に次の世代に必要な知識を伝える、
そういう「こっち側の世界」で極めて自然な姿、悲喜こもごも含んでいる人間の命の営みも、同時に描かれているところがとても素敵。

アニメはだいぶ単純化してあるので、漫画の方が面白かったです。
あと、アニメ版は絵がちょっと苦手だった。

もっけ コミック 全9巻完結セット (アフタヌーンKC)

新品価格
¥4,781から
(2013/12/28 01:55時点)





←漫画読むの遅いのでこういうの読むとついつい寝不足しますな。
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

口取り 〜まさかあなた知らないとは言わせませんよ

私はショックなことを知ってしまった。
30余年気づかずに来てしまった。
そして今でもにわかには信じられずにいる。

正月に口取りを用意するのは北海道だけだということをーっ!

だってほら、全国大手のやまざきとかがものすごい量販売してるから、
まさか北海道でしか売ってないとは思わないじゃない。
「いくらなんでも作りすぎじゃない?」っていうくらいの量を毎年毎年売ってますよ。
あれ、北海道民のためだけに作ってるの?あ、そう。
口取り
やまざき 口取6品 420円

あまりにも正月ごとに見慣れた風景だったので
「口取りが北海道だけなハズなんかないっ!あなたがたまたま個人的に知らずにすごしてきただけではないか」
と言い張ってみたら
「正月に砂糖でできた鯛なんか食べたがるのなんて北海道人だけだろ」
と、北海道ごと吹き飛ばされましたよ。
まぁ、そういわれるとぐうの音も出ませんけどね。
(縁起物なんて食べたくて食べてるとは限らないもん…めそめそ)
口取り
調べてみたら「口取り」という言葉自体が北海道にしかないっていう事ではないみたいですね。
饗膳などで一番最初に出てくる料理を「口取肴」という言うんだそうで、どうも北海道で正月に食べてるのはそれを模して作った菓子、ということのようですね。

「柳月」という北海道のお菓子屋さんの店先では
「開拓時代、貧しくておせち料理の用意ができなかた先人たちが貴重な砂糖を使って縁起物をかたどった菓子を用意したのがはじまり」
というようなことが書かれておりました。
どの程度確かな話なのかの検証は難しいけれども、聴くも涙、語るも涙の北海道史。
口取り
そういわれてじっと見ると、ひとつひとつ酒肴っぽい。
三角の羊羹は、昆布ですね、たぶん。

極寒の中の甘いものは身に染みて美味かったろうね。
先人の苦労がしのばれます。
口取り
かく言う私の育った家は、誰も喜ばないので口取り買ってませんでしたけども。
いやー、でも本当に北海道にしかないの?あ、そう?
考えたこともなかったわ。
口取り



←私はシンプルすぎて人々から好まれない菓子類は総じて結構好きですけどね。
posted by 六条 at 18:00| Comment(6) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。