2016年09月07日

「X-men アポカリプス」〜離れ業ウルトラCを待ち続ける日々。

「X-menアポカリプス」を見てきました。
…もう私の手に負えないということが分かっているのに、
どうして毎回見に行ってしまうのか。

X-men アポカリプス
→公式サイト 映画「X-men アポカリプス」

シリーズ八作目くらいにあたるんでしょうか。
スピンオフを除外すると、旧三部作と、新三部作、合わせて6本目、ということでいいんだと思うのですが
私は前作(つまり新三部作の二本目)「フューチャー&パスト」のときにひしひしと感じていましたよ。
「もう、完全に話についていけなくなっているっ!」
ということを。


アポカリプス

もともと、X-menはキャラクターが多すぎて、あんまり把握できていないのです。
それでもギリギリで整理はつけつつ見ていたんですよ。
「車いすのやかん頭がプロフェッサーX。ハト派。
変なヘルメットかぶってるのがマグニートー。タカ派。
志を同じくするけども、やり方が違うので対立しながらそれぞれ徒党を組んでいる。
お互いの仲間同士の中で、寝がえりとか、恋愛模様とかあったりする。
鉄の爪があるのが一番人気キャラのウルヴァリンで、毎回尻を出すのが最大のウリ。」
まあ、これくらいで、なんとか映画は理解した気になれたもんですが。

そこで登場、前作のフューチャー&パストですよね。
タイムワープして
「今までやってきたことはなしナーシ!超能力で過去を変えたので未来も変わりマース!」
とやってしまったので、私の中の「X-men回路」が完全にショートしまして、
誰と誰が今どういう関係になっていて、どの過去がどこまでリセットしたんだっけ?
という浦島状態になったんです。
そしてそのまんまの状態で今回の新作「アポカリプス」を見に行ったので
もう、本当になんだかわかりませんでした。

X-Men: フューチャー&パスト (吹替版)

新品価格
¥250から
(2016/9/7 18:03時点)


↑旧三部作の最後にプロフェッサーXを殺しちゃったし、マグニートーが能力を失っちゃったから、タイムパラドックスでやり直さざるを得なかった。とはいえ、制作側の都合でそこまで無茶されても、容易についていけないのでありました。


頭の整理のために、旧三部作、新三部作、見直しましたがそれでも「フューチャーアンドパスト」があることによって、圧倒的にわかりにくいような気がする。
(というか、冷静に見直すと「X-men」シリーズって旧三部作でやるべきことはもう全部終わってるわね)。

さらには、
マグニートーが家族を殺されたことでコントロールを失い、見境ない破壊に走る、とか
プロフェッサーXがかつてないほど強大な敵に出会ってボコボコにされる、とか
起こっているドラマが全部過去作の中で見たことがあるものしかないので
「あっ、またソレやりますっ?」
ってなってしまうところが、やっぱり六作目の厳しさですよね。


アポカリプス
↑母を殺され、娘を殺されたことによって強硬派になってきたマグニートーに、今回、息子がいることが発覚します。話が広がらないと次々家族が増える人物、マグニートー。気持ちはわかるけど、安直に見える。

あとは、回を重ねるごとに、まさか要素を小さくするわけにいかないから
キャラクターを増やし、破壊の量を増やし、アクションを派手にし、
の「増し増し大作戦」にならざるを得ないので、
私のようなアメコミ弱者には本当についていけない領域に到達しておりました。

Xmen
↑もともと超能力使い放題であるところにもってきて、タイムパラドックスあり、神と戦うのあり、というのでは、もう話の成立する余地も残らないんじゃないか…。

ところで、なぜもう手に負えないをわかっていても観てしまうのかっていうと、
ここまでくるとかえっていろいろ期待が膨らむところもあるのです。
マーベルが力入れて毎回作ってるもので、人気シリーズだから
そろそろ、アッといわざるを得ないような状況打開策を繰り出してくるんじゃないか、
と楽しみにしていたいのですよ。
今更やめられない、人気大作の6作目、7作目、8作目だから…というところでの
苦肉の策のウルトラCみたいな、奇想天外な作品が出てほしい。
(「フューチャーアンドパスト」がそういう位置づけで撮られたのはわかるけど、アレはあんまり成功したって言えなかったですしね。)








ビーストニュークス要潤
↑今作最大の発見はXmenの青い野獣ビースト君が「マッドマックス 怒りのデスロード」のニュークス君と同一人物であることにやっと気づいたこと。天才だっ!素晴らしいっ!しかも無駄に要潤に似てるっ!

マッドマックス 怒りのデス・ロード [DVD]

新品価格
¥927から
(2016/9/7 18:32時点)



↑ウォーボーイの一人、ニュークス君は最近映画で見た中で最も気に入ったキャラクターの一人です。ヒャッハー。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション (字幕版)

新品価格
¥250から
(2016/9/7 17:43時点)



↑新3部作の一作目、ファーストゼネレーションは結構好き。ビーストとミスティークが悩みながら大人になっていく、それなりに平凡でもある成長譚がいいのです。

←クイックシルバーの活躍シーンは、話の内容わからなくてもいつも楽しいですが、今回も非常によくできておりました
posted by 六条 at 18:00| Comment(0) | 映画とDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

映画「ペット」〜いっそのことモンスター映画にしてしまうのはどうでしょう。



「ペット」見てきました。
悪くないんじゃないかな、という感じでありました(偉そうだな)。

ペット
→公式サイト映画「ペット」

実際に家に猫をひとりで留守番させて、
そのことを心配しいしい劇場にいる身の上としては、感情の敷居が異常に低くなってることは自覚ずみで立ち向かったわけです。
もう、なんなら劇場でなりふり構わず
「マックス頑張れ!」
と声を出してしまうくらい心を揺さぶってくれてもいいぞ、
と思って鑑賞にのぞみました。
「今日はそのつもりできたのでも本当はそんなに軽い女じゃないのよ」
の心意気で覚悟でございますわね。
その点で言うと、こちらの覚悟した度合いよりは、感情移入どころが少なかったのがちょっと肩透かしではありました。

ペット
↑今頃家で猫がこんな顔をしてるんじゃないか、と思いながら映画を見ているのである。

まずびっくりしたのは構造が「ファインディング・ドリー」にものすごくよく似てるのです。
(というかファインディング・ドリーから「障害と居場所」という大きなテーマを抜いた感じ)

以下、目につく共通点。
小さい者が本来自分が住む範囲をはるかに超えて大きな冒険をすること、
はぐれるもの、とそれを探すもの、と物語が二手に分かれて進むこと、
バディ(相棒)物であるということ、
動物ものなのにカーアクションがあるということ。
鳥がたいへん都合よく動いてくれて、いろいろ便利すぎること。
…などなど。

私はどちらの作品も、いい映画なのにちょっと感情移入がしづらい、
という感想を持ったのですが、その感想までよく似てたので
いろいろ整理しやすかったです。

双方に「動物ものなのにカーアクションあり」という、かなり思い切った演出までが共通していたことで気がついたんですが、
彼ら、なんでもできすぎるのですよね。
せっかく「小さい生き物が本来の生存する範囲を超えて大きな世界に出ていく」という話なのに、
その小さい生き物が、こっちの認識をはるかに超えてなんでもできたら、
あんまり心配やらハラハラドキドキやら、しなくなります。

なんでもできるスーパー生き物がスーパーな冒険をしてる、ということになってしまうと、
うちで私を待ってる、アホだけどかわいい猫への思いとはあまり重ならないんですよね。
自分のペットと重ならないなら重ならない動物物でも全然いいのではありますが、
ただそうなってくると、家に帰りたい、飼い主ケイティをひとりじめしたい、みたいなことで葛藤している飼い犬のマックスのキャラクターってなんなのか、ってことになりますしね。
スーパーな生き物の大冒険を見せるのであれば、むしろ思い切ってモンスターパニックにしてくれた方がすっきり楽しいのでよろしくお願いします、と思ってしまうのです。

ペット
↑蜜月生活に闖入してきた邪魔者デュークをなんとかしたい、というのが話の出発点ではあるのだけど、そのあとの冒険譚は行き当たりばったりだったので、どうも何考えてるのかわからない。

あとは、物語が二手に分かれてる理由がよくわからない、というのも似てるように思います。

迷子になってしまった主人公マックス恋しさで探しにいくのが、隣に住むふわふわ犬のキジェットちゃんなんですが、
この子はわりと尻軽キャラで、ある程度相手が誰でもいいんじゃないか、
みたいな描写ありますし、大冒険に乗り出してまでマックスを探す動機はちょっと弱い。

ペット
↑隣の窓からマックスに話しかけるギジェット。

一方探される犬のマックスのほうは飼い主のケイディ恋しさで家に帰ろうとしてるわけで、ふわふわギジェットちゃんのことは全然思い出しもしない。

と、するとどうしてこの二手で物語が進んでるのかが、よくわからずに、ただ散漫な印象にならざるを得なかったです。
さらには最後になんとなくマックスとギジェットが両想いっぽくなる唐突さも、感情の流れとして結構厳しい。

っていうか、私もともと話があっちゃこっちゃ行くとすぐ処理しきれなくなるくらい単純な頭脳しか持ってないので(ミジンコ並)、必然性ないのであれば話はあまりわけないでください、お願いしますっ!

ペットの動きとか、ふわふわの表現とか、そういうCGアニメの楽しさとしては抜群だったので、ストーリーにそんなにこだわらないで、場面場面で引き付けられて見ているくらいの年代の子どもには結構受けがよさそうだぞ、という気はしました。
まっしろふわふわなのに極悪キャラのうさぎとか、面白いですしね。

私にはもうちょっとだったけども、いい映画だったと思うよーっ。






←これをみたからには日本版野良猫アニメ「ルドルフとイッパイアッテナ」も俄然見たくなってきた。
posted by 六条 at 18:49| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

真夏の、そこじゃない。

お盆を過ぎたものの、台風がやってきたおかげもあって
またずいぶん日中の気温が高い。

猫が「ひんやりクール猫鍋」の前で伸びている。
猫鍋
そこじゃない。


当然だが、これが正しい。

マルカン ひんやりクール猫鍋 猫用 CT-313

新品価格
¥4,500から
(2016/8/19 17:50時点)


人間の事情も汲んでほしい。


夜、暑いのでポケモンGOがてら、涼みに行く。
よく通る道にも実は中央分離帯があるのを見つける。
まさか、こんな身近にあったとは、しらなかった。
中央分離帯
でも、たぶんそこじゃない。

←暑いと朦朧としてきていろいろ印象が曖昧になるのだ。
posted by 六条 at 18:19| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする